2017年度春学期 研究会第8回

第8回の研究会が行われました。

SFCガイドの発表からです。

まずははるき。

SFCにある様々なオブジェクトに関して、そこに植物を植えることができるかどうかを考える、園芸リサイクルというテーマでいくようです。

調べている時には、それが何を明らかにしようとしているリサーチなのかをよく考えましょう。

 

続いては小夏。

水たまりについて幾つかの評価軸を用意してきました。

ただその評価が果たして適正なのかはよく考える必要がありそうです。

 

続いては薫子。

模様を採集していますが、そのトリミングのやり方にバリエーションを生んできました。

模様を発見するまでのプロセスが面白そうです。

 

最後は、電車です。

穴の定義をしっかり言語化してきました。

分類をすることが目的化しないように、なぜ分類しているのかは常に考えられると良いですね。

セヴェラルネス第4章を輪読しました。

先行形態の事例のひとつではないかということで、はるきは電車の座席の埋まり方をあげていました。

最後は、小さな庭の設計です。

なぜその形を与えたのかというところはよく考える必要があります。

無意味にぐにゃぐにゃにする必要はありません。

 

(じゃんぼ)

2017年度春学期 研究会第7回

 

第7回研究会が行われました。

まずは、SFCガイドの進捗発表です。

バンブーは、SFCの人の流れは制限という言葉で括れるのではないかという目線に立ち戻ってみたようです。

その観察によって何を明らかにしたいのかを考えることが重要そうです。

 

続いてはりなです。

大きさにとらわれずに広く「生えているもの」を探してきたようです。

ただガイドとしては、「生えているものエキスパート」としてより厳しい目線で「生えているもの」を捉えたほうがいいかもしれません。

最後ははるこでした。

SFC近道マップを作るためにアンケートで、SFC生が普段どこからどこへ向かう時にストレスを感じるかということを調べたようです。

制度としての道以上の何かが見えてきそうです。

続いてはセヴェラルネスの第3章の輪読です。

れなが発表しました。

転用という観点から見る、強い技術と弱い技術についての議論は白熱し、ハウスメーカーやレゴブロックの話にまで波及していきました。

最後はけんとさんの卒プロ発表です。

神山プロジェクトの一環で製作した絵本について、それを実際に神山のカフェなどにおいてもらい、読んでいただいた方々の感想から、この絵本が何を示しているのかということを考えていくようです。

この絵本がコミュニケーションを誘発するツールとなったことは、分析のしがいがありそうです。

(じゃんぼ)

2017年度春学期 研究会第6回

第6回の研究会が行われました。

まずはSFCガイドの進捗発表から。

はるきさんは園芸をテーマに、SFCの中でできる園芸について調査。

思わぬ切り口からの園芸的評価をしっかり行うことが重要だというアドバイス。

 

つづいて小夏さん。SFCの水たまりについて。

水たまりの定義づけを行なった上で、鑑賞方法の検討や、ポテンシャルのある水たまりの採集を行いました。

採集した水たまりの評価を徹底して行うことで

 

かおるこさんはSFCに現れる模様について。

見つけた良い模様にそれぞれ名前をつけました。

模様についての定義、説明を要する主観的なタイトル、切り取るスケールなど、検討の余地が大いにありそうです。

電車くんは、SFCの穴について(「目指せアナリスト」)。

穴は形態なのか、あるいは状態なのか、そのものが境界となっているのか、など、穴というカテゴリに混乱が生じ始めてきました。

アナリストとしてはやはり良質な穴とは何なのか、「アナライズ」して評価できるのが望ましいという結論に。

 

バンブーは、ものだけでなく人の行動や、そこにあるのに名前のわからないオブジェクトにも注目。

前回やったことを継続して取り組んだ方が、読み解きがあって面白いので、継続すべきというアドバイスをいただきました。

 

次に、りなさんによるセヴェラルネス第2章の発表。

ペリカン島戦記という章はややハイコンテクストな内容でしたが、自分のSFCガイドの内容を交えたプレゼンになっていました。

 

つづいて、ベルナティオプロジェクトの振り返り。

5/13、14にあてま高原リゾートベルナティオ様で行われた植樹祭に参加しました。

実際の植樹もレクチャーを受けながら行いました。

事前に念入りにスタディして配置を行った成果がきちんと現れていました。

 

最後に卒プロ発表。

ニコさんは人形町の路地園芸について。

路地の魅力とは何か、路地の魅力は路上園芸が支えるものなのではないかという問いに基づいてインタビューや実験を行い、見栄と愛情の混在が路上園芸の魅力ではないかと考えました。

じゃんぼさんはテプラについて。

仮説である、貼られることで文脈が生まれる、設置主体が現場であるものをテプラと呼んで、その分類を行いました。貼られる場所によって意味が変わるテプラが、どの範囲の周囲とどのような関係が結ばれているのかが鍵となるようです。

2017年度春学期 研究会第5回

第5回研究会

第5回研究会がありました。

今回はゲストとして神奈川大学から上野先生にもお越しいただきました。

 

まずはナガミヒナゲシについてのレクチャーです。

ナガミヒナゲシはケシ科の植物で、都市の温暖化に伴って分布が増えています。

オレンジ色のキャラクターの濃い花や、都市で多く見られることから、在来種を圧迫する帰化植物という文脈でしばしば話題になります。

生態系とは何か、在来種を圧迫することは本当に悪と捉えていいのか、ナガミヒナゲシを切り口に様々な議論を行いました。

 

続いては丸の内ランドウォークに関するまとめです。

それぞれが丸の内を歩く中で何を学んだかを発表します。

シマネトリコだけに着目する人もいれば、古地図と重ねて再発見する人も、開発の歴史からランドスケープを見直す人などなど、皆さまざまでした。

 

続いて、セヴェラルネス+の読書会です。

今回は第1章の「クリティカルパス 桂の案内人」がテーマです。

時代時代で桂離宮がどのようなシークエンスとして捉えられていたのか。

建築や構造が何として捉えられていたかはもはやわからない中では、自分たちが新しい見方を重ねていくほかないのかもしれません。

SFCガイドの発表もありました。

 

はるこは実際にSFCのあるスタートとゴールを決めて、その近道をストイックに突き詰める試みです。

SFC生が普段無意識に抱えている、損している移動が上手く可視化されそうです。

 

かとりなは、”生えているもの”に絞ってきたようです。

雨樋であったり、街灯であったり、それらを地面から”生えてる”として集めてきました。

最後は小さな庭の設計です。

それぞれが二つのワードで庭のコンセプトを作り、それをシャッフルします。

庭の周りの環境もアトランダムに決定。

出てきためちゃくちゃな要件に応える庭をみんなで設計していきます。

 

ゲストの神奈川大学の皆さんの手の動く速さと正確さとその冴え方に、石川研一同感服していました。

2017年度春学期 研究会第4回

第4回の研究会が行われました。

まずはSFCガイドとXDレビュー共有をまだしていないメンバーの発表です。

最初はバンブーのSFCガイドから。

制限するものを採集。

それは例えば立ち入り禁止のサインであったり、ゴミ箱に貼られた表示であったり。

それぞれは面白い事例なのですが、漠然と制限という言葉にまとめてしまっているように見えました。
要素を分解しながら集めていきましょう。

 

ここからはXDレビューです。

ももこさんは渋谷を江戸切り絵図の手法で描きなおすという個人研究をしています。

今後は、様々な表現の中で江戸切り絵図で描きなおすことが他の都市経験と違ってどのように位置付けられるのかということを考えていくことになりそうです。

続いてはなぎささん。

自由が丘のカフェを対象に、居心地の良い空間と何か、長く愛される理由は何かということを研究していました。

独自のサービスが仮設的に生まれ、それが常態化する過程など興味深い点が多くありました。

 

人生史ゲームを行いました。

未来の自分を想像して、web上からそれに当てはまるような画像を検索します。
事前に持ってきていた子供の頃の写真と今の写真と並べ、自分の人生を語るゲームです。

  
これが思いの外盛り上がってしまいました。

特徴的なのは、ほぼ全員が麗しい老後を想像している点でした。
早めに会社員をリタイアして趣味と実益を兼ねた働き方をしていたり、老後もなおバリバリのキャリアウーマンであったり、選ばれている写真もどれも庭付きの大きな家に住んでる方が多かったです。

 

最後は小さな庭の設計をしました。

自分の庭にコンセプトを与えて、それに応じたゾーニング、物体化、テクスチャを与え、3年後を想像するいう流れをくみます。

実際に2400*2400という敷地はどの程度の大きさなのか、駐車場に出て体感するなどのスタディも行いました。

研究会メンバー全員で一斉に行うとそれだけで一気にバリエーションが生まれますね。

(じゃんぼ)

丸の内ランドウォーク

丸の内ランドウォークに行ってきました!

 

普段は郊外のニュータウンなどにランドウォークに行くことが多い中で、珍しく先端的なランドスケープを学ぶ機会でした!

 

2017年度春学期 研究会第3回

第3回の研究会が行われました。

まずはSFCガイドの進捗発表です。

一人目ははるこ。


SFC面積ガイド、研究室マップ、SFCに何かを置いてみるなどのアイデアを発表しました。

計画を考えるだけでなく、実際に手を動かしてから気づいたことなどをまとめると新たな視点が獲得できそうです。

二人目はかおるこ。

SFCにある模様を集めてきました。

その模様が何であるかを既存の価値観ではない、意味から外れて観察できるようになるといいですね。

三人目はこなつ。

水たまりに絞ってきました。

何をもってして水たまりなのか。カテゴリの混乱が起きてきました。いい兆候です。

四人目はかとりな。

植物を通してSFCに共存する自然物や人工物をガイドしようという試み。

自然や人工という言葉を迂闊に使うことは危険です。

五人目は電車。

ゴミ箱や自販機など、キャンパスに空いている穴を視点にしました。

面白い材料は揃っているので、穴とは何かという定義の独自性が期待されます。

六人目ははるき。

管理者に望まれない形で生えてきてしまった植物=雑草や、SFCに止まっている車などを、集めています。

まだまだ絞れていない部分があるので決めて突き進んでいきたいところです。

 

続いては院生が個人研究の発表と、それに対してXDレビュー受けたフィードバックの共有を行いました。

りささんは形のない空間に我々が感じる愛着、それを成り立たせるらしさの研究をしています。

にしのくんは、利用者が通貨することを前提とした建築をスルーアーキテクチャと捉えて研究しています。

じゅんぺいさんは自分にしかない切り口で都市を分析しようとしています。
ただ、それはコンピュータで分析できてしまうというフィードバックをもらって、やや迷っている様子。

へいやさんは地元の松が丘らしさとは何か
手法としてCGを使いたいようですが、具体的にどうしていくかは今のところ不明です。

まりさんは、お墓のランドスケープについて研究しています。先行研究などの引用することでさらに強度が増しそうです。

今期の石川研に所属している院生は皆1年生なので、まだまだこれから研究の幅が広がっていきそうです。

 

最後に丸の内ランドウォークに関する事前レクチャーが行われました。

(じゃんぼ)

2017年度春学期 研究会第2回

第2回の研究会です。

今回は石川研で関わっているプロジェクトの紹介と、SFCガイドの発表会でした。

まずはプロジェクトの紹介です。

一つ目は千年村。

千年残り続けている村を調査し、村が持続する仕組みを探っています。

調査の手法を学ぶ事、他大の生徒とのディスカッションから得るものなど学びの大きいプロジェクトです。

二つ目は神山。

昨年度には、図鑑・絵本・レゴというコンテンツを制作しました。

風景を面白く捉えて新たな見方を提示するという姿勢で、徳島県神山町に向き合っています。

今年度は、成果物への反応や、高校での授業などが予定されています。


三つ目はベルナティオ。

新潟県十日町市に当間高原リゾートから桜の植樹プランのコンサルを委託されています。

今年度も引き続きプランニングしつつ、植樹祭なども行います。

四つ目は深大寺。

先生の家の近くの空き地の使い方について、住民を交えてワークショップを行っています。

今年度は、引き続きワークショップを行うのと、生活学会でまりさんがこのプロジェクトについて発表します。

五つ目はSBC。

学生主体で、キャンパスの一部の区域を設計・施工まで行うプロジェクト。

石川研は、ランドスケープに関わって欲しいとのことです。

 

六つ目はアーバン。

地域ごとのガーデニングを、フィールドワークによって収集し、その分析を行います。

七つ目は建築と植栽

建築の中で、植栽がどのように語られてきたのか、その歴史的な変遷を追っていくものです。テキストマイニングなどの手法を用いて、研究していくようです。

八つ目はジャカルタ。

東大の岡部先生が主催しています。

夏休みにジャカルタのスラムに1週間住み込んで住民とワークショップなどを行います。

最後はご近所。

未着手なのですが、新白岡のニュータウンの一角に外部空間を介したコミュニケーションを目的とした物件があります。その様子を追うプロジェクトです。

プロジェクトの発表が終わり、各々が今期は何に取り組むのかを大まかに決定したところで、SFCガイドの第一回の発表が行われました。

まずはかおるこ。

SFCを構成する地面のタイルを収集してきました。

タイルの中でも、形なのか素材なのか模様なのか、分析する切り口を定めるようにとフィードバックをもらっていました。

続いては電車。

室外機、電源コンセント、ゴミ箱を収集してみようと試みています。

考えが先にきた結果、カテゴリから逸脱できずにいる点を指摘されていました。

三人目のはるき

SFCを彩る植物、キャンパスで失われていく遺跡、自分の好きな車など複数の候補を挙げていました。

どれもやり続けると面白そうです。

四人目のはるこ。

キャンパスマップに研究分野をマッピングしたり、光を測定したりというようなことを発表していました。

他のキャンパスと比較してみるのも面白いかもしれません。

五人目のこなつ。

SFCを象徴する色である灰色や、水たまりを採集してきました。

障害物ではなく鑑賞の対象として水たまりを見直してみるという態度の転換が良いですね。

六人目のりな。

雑草を集めてきました。

雑草とはそもそも何を指すのか、曖昧な言葉で定義をぼやかさない態度が求められます。

最後はバンブー。

ゴミ箱、グレーチング、標識などを見つけたようです。

サインに関しては、それが持つ意味ではなく物体生に注目してみるのも大切です。

そして、石川研といえばランドウォーク。

今月は丸の内を歩きます。

(じゃんぼ)

2017年度春学期 研究会第1回

新年度が始まりました。

今年度も、院生7人、学部生16人と大所帯です。

 

まずは先生からの石川研とはどんな研究会かというレクチャーで始まりました。

先生は、ランドスケープデザインを専門に活動されてきた方です。

しかしこの研究会の大きな軸はランドスケープデザインをやることではなく、ランドスケープデザインの視点を持って見えてくるものを探求することにあります。

どのプロジェクトや研究も、その方針は変わりません。

新規生は、そんなことを頭においてどのプロジェクトにどう関わっていくかを考えましょう。

 

続いて、新規生が事前に提出したダイアグラムに沿って自己紹介しました。

今回は新規生が学部で5人、院で3人と非常に多いです。

 

一人目は学部2年の杉本晴子さん(はるこ)。

建築の勉強をしているそうですが、設計の演習だけではランドスケープデザインに疎くなってしまうということで、石川研に。

旅行が好きで、大学4年間で20か国は行きたいそう、ダイアグラムにも行った国が多く描かれていました。

 

二人目は学部2年の鈴木裕くん(電車)。

電車オタクで、鉄道に興味を持つうちに、人や町と鉄道がどう関わっているかということにも考えが及ぶようになり、石川研に来たそうです。

ダイアグラムは時系列に、自分の人生で転換点になった出来事をつないだものでした。

ちなみにあだ名はまんま「電車」に。

 

三人目は阿部薫子(かおるこ)さん。

ダイアグラムはこれまでの人生をテンションとともに振り返ったもの。

主にデザインの勉強や、演劇に力を入れてきたようです。

石川研ではランドスケープデザインの手法を、舞台設計などに活かしてみたいそうです。

 

四人目は加藤里菜(りな)さん。

自分がしてきたことをマッピングしたダイアグラム。

人にアプローチするのではなく、自分の見方を変えたくなったそう。

五人目は竹田千晃くん(ばんぶー)。

ダイアグラムは、自分が歩んできた様々な寄り道を俯瞰で描いたものです。

アートイベントの運営などにも関わってきたようです。

 

ここまでで、学部の新規生は紹介が終了。続いては外部からSFCの院に来た院生の紹介です。

一人目は伊藤隼平さん(じゅんペー)。

横浜国立大学で、学部ではいろいろと横断的に学んだ後、渋谷の都市構成について研究してきたそう。

建築や文学などをまとめた文芸誌「文鯨」を発行しています。
二人目は西野翔さん(にしのくん)。

東洋大で建築を学んだ後、長屋の改修プロジェクトを住み込みで進めていたようです。

スルーアーキテクチャという分野で、卒業設計を行っていたそうです。
三人目は和久田里咲さん(りさ)。

日大で空間デザインの勉強をしていたそうです。

ランドスケープという大きな枠組みを学びたくなり、石川研へ。

 

新規生の紹介が終わったところで春休みの宿題の発表と講評の時間になりました。

この春休みの宿題は「ブックカバーをリ デザインし、そのブックカバーによって生まれた風景を使って電車の中吊り広告を作ること」でした。

それぞれがなぜその本を春休みに読んだのか。ブックカバーのデザインの意図は何か。広告が目指したものは何かというプレゼンを行いました。
  並べてみるとなかなかに壮観です。

 

本棚に並べてみても良いですね。  

 

外部から来た院生三人が、それぞれプレゼンと制作物から表彰することになりました。

伊藤賞は「まち路地再生のデザイン」をリデザインしたニコラス。本の内容に即したデザインと、強度のあるコンセプトを褒められていました。

西野賞は「はじめてのらンドスケープデザイン」をリデザインしたこなつ。かっこいいだけがデザインではないというところを評価されたようです。

和久田賞は「超芸術トマソン」をリデザインしたじゃんぼ。デザインする目の付け所が面白く、それがまとまったグラフィックになっている所を評価していただきました。

 
さて今期の個別課題は「sfcガイド」を作ること。
キャンパスを新たな切り口で記述することを求められます。

そんな風にキャンパスを見ていくと、カテゴリーの混乱が起きて、既存の言葉で表せないような範囲が浮き彫りになります。

学部の新規生と、はるきとこなつが個別課題の対象者です。がんばりましょう。

(じゃんぼ)

 

2016年度秋学期 研究会第13回

・移動のアートワークの発表がありました。
1班「かくれんぼ」
5人でそれぞれビデオを撮りながら、かくれんぼをした様子を成果品にする。

2班:「痕跡」
ある人の移動を誰かが追っていく過程を成果品にする。

3班:「キセイ」
ノマド生活を送る女子大生の持ち物を分類してダイアグラムにする。

4班:「乗り物」
乗り物の移動をダイアグラムで分類する。

5班:「GPS Drawing」
GPSを持って地上を歩き、軌跡ログで文字を書く。

6班:「チャージの立体ログ」
駅でチャージした履歴を、立体ダイアグラムにして、3Dプリンターで印刷し表現する。

7班:「移動の音」
足音を音楽として捉える。

8班:「プリンターとスキャン」
スキャナーのトナーの上で移動して、現実とデジタル世界の関係を表現する。

・神保町ビエンナーレの報告がありました。

エントロピー経済学の考え方では、私⇄公の考え方に「共:common」という考え方が加わる。
近年のグローバル経済では、「私」を重視、「共」が少なくなっている。
その背景から、農家の軒先だったりシェア空間だったり、切り分けられない部分が見直されている。これは、共の復権ではないか。
というトピックについて議論しました。
(担当:貫洞)