今期の格律

今期の3大格律は、「愚直に。執拗に。丁寧に」です。
・データを収集するフィールドワークにおいて、先回りの判断をしない
・ともかく、しつこく続ける
・設定した手続きを頑なに守る
を遵守してください。あと、「自然」とか「コミュニティ」というような、解釈に幅のある心地良い響きの言葉を避けて説明することを心がけてください。(石川)

研究会(第4回)

司会:貫洞 書記:吉田

DCIM100GOPROGOPR0307.
研究会ゼミ風景@ドコモハウス

各自のプロジェクト進捗を報告
・貫洞「SFCでくつろげる場所を作る」
・古谷「公園と広場についてもっと知る」
・稲田「SFC生に普段の暮らしからキャンパスに何を持ち込みそれをどうしてるのか」
・加藤「記憶の地図」
・相原「建築×自然」
・秋蒔「SFC妄想路線図」
・白川「都市×自然」
・吉田「古地図」
・伊藤「振る舞いに異なる意味を与える鑑賞ツール」

今日のダイアグラム
・授業の座席位置とやる気/やりたいことの相克
・離れ小島的「都市」としてのSFC
・役に立たない機械のマトリクス

ランドスケールブック「地図」の読解当番を指名
毎回ランドスケールブックの項目を1つずつ読解していく。
第1回目(来週)は貫洞くん。

連絡事項・今度の予定等
・5/17大阪GPS…貫洞、吉田
・5/30、31…千年村の相模川流域調査(伊勢原付近で泊まりかも)
石川さんは31日から参加予定、キッズは貫洞、吉田、相原が参加予定
タンブラーを参照しておくこと
・ランドスケープに関する自主読書会の立ち上げ

展示会見学

早稲田大学創造理工学部建築学科による設計演習A課題作品展示会、「365°展 ―日常への+5°」をメンバー全員で見学しました。

DCIM100GOPROGOPR0222.
365°展地形模型を囲んで

研究会(第3回)

初めて晴れた研究会開催日。個人プロジェクトの進捗報告を後回しにして、キャンパス内および周辺のフィールドワークに出かけました。

DCIM100GOPROGOPR0159.
フィールドワーク(散歩)では、キャンパスの西南、矢崎の集落まで足を延ばしました。また、先週から始めた各自の移動ログを回収、マッピングしてみました。

hajimelab-april-log
これにより、あらためて私たちが「東京圏という都市からSFCという都市へ」の往復を繰り返していることを実感しました。

研究会(第2回)

本年度第2回の研究会が開催されました。本日も雨天で、研究会メンバー内に強い雨女/雨男が存在する疑惑が浮上しました。

メンバー各自が取り組む課題案の発表と講評のあと、メンバー全員が移動ログを記録するアプリ(moves)をスマホにインストールする指示が師から出されました。

千年村会議

早稲田大学で千年村プロジェクトの定例会議が開催され、研究会のメンバー3人が参加しました。SFC石川研として初の千年村への参加です。