2018年度春学期 研究会第9回

春学期第9回の研究会が行われました。

 

・SFCマップ

-ゆきの

SFCマップに使うわたしいろを作る上で参考になりそうな文献を研究してきました。それらの文献を踏まえ、主観的・心理的・客観的・相対的・物理的な視点で色を見て、それらを織り交ぜた考察を進めていくそうです。

 

・現代版作庭記

今週も各グループが1章ずつを担当し現代版の口語訳を発表しました。それぞれ個性があり、より伝わりやすいような口語訳、意訳をしてくれました。先生からは、原文の伝えたいところを汲み取っていく必要があるので、口語訳を過信せずに原文と向き合う必要がある、などのフィードバックがありました。

 

・卒プロ発表

-あやさん

「大叔母の遺品整理」

大叔母の遺品を整理し、記憶する。生前に何を考えてどう生きてきたかなどを知り、これからの自分の人生の中に再配置するという研究。

世界の宗教は師匠の死を受け入れないことから始まっている。それらを乗り越える過程で神化していくという例も参考になるのではないか、などの意見が上がりました。

 

-薫子さん

「舞台空間におけるランドスケープ思想の実践」

日常における「舞(本当の自分を偽っている瞬間)」に関する研究。最終的なテーマはもっと絞っていくそうです。

自分を偽っている瞬間があるが、その形式によって救われていることもあるという事実も重要、約束事の芸術にも注目した方がいいなどの意見が上がりました。

 

-もえさん

「廃墟性とは」

俗に廃墟と呼ばれる場所が廃墟である所以、廃墟性とは何かを研究。近くにある廃墟へフィールドワークへ行ったり、様々な参考文献による廃墟の定義について調べました。

今参考にしている文献なども、著者による個人的な感想かもしれないので、客観的なマッピングをしながら研究を進めるといいなどのフィードバックがありました。

 

・エキスパート

-まいさん

高校三年生までプロを目指していたジャズについて発表してくれました。今でもジャズバーに行ってセッションなどをしているようです。コード進行について語ってくれた際には、まいさんの歌声も披露してくれました。

 

-じゅんぺいさん

じゅんぺいさんは司令塔のエキスパートだそうです。中学三年生までは野球のキャッチャーとして、高校から大学まではハンドボールの司令塔として広い視野を持ちゲームメイクに貢献していたそうです。最後には実際のボールの回し方を実演してくれました。

2018年度春学期 研究会第8回

春学期第8回の研究会が行われました。

  • 先生からのひとこと
    • 個人の植栽が集約することで現れるランドスケープの事例として、低予算でありながら、バランスの取れているワイルドガーデンについての話がありました。住人による環境のチューニングについて調査し紐解いていくことは今後のプロジェクトで大いに役立つでしょう。

  • SFCマップ
      • SFCでの音の地図の制作で、より多くの音に耳を傾け、プロトタイプとして音に付随するストーリーを考えてきました。前回のFBをもとにイラストを加えるなどして、よりファンタジーの世界観が顕著になりました。

    • こりな
        • 裸足で歩くことであらたな地図を描く試み。自宅から最寄り駅まで歩くことでより習慣化しようとしました。また、アウトプットの形としてオノマトペや心象スケッチなど彼女らしい表現が見られました。

  • 作庭記
    • 1班
        • 滝の水の落ち方10選

    • 2班
        • 不動明王に喩えられる滝行が可能な滝について

    • 3班
        • 風水的な視点からみた寝殿造りに置ける川の作り方

    • 4班
        • 石を立てるということ

    • 5班
        •  小川の勾配と遣水の流し方

    • 6班
        • 「庭niwa」テーマにした超現代語訳

  • エキスパート
    • ゆうきさん
        • 県大会での優勝経験もある硬式テニスについて
        • 過酷な練習と厳しいコーチと向き合った辛い時代でしたが、振り返るといきいきしていたとおっしゃっていました。

    • はるこ
        • 自身がサークルにも所属しているということで、チアダンスについて。
        • チアリーディングとソングリーディングの違いから、実際の動きの名称まで。最後はみんなを巻き込んで踊っていました。


  • 卒プロ発表
    • マーシーさん
        • 多視点的空間表現の世界 ー風景を絵画的に作り変えるための世界の捉え方ー
          • 絵師が行っていた、山水画ならではの風景の捉え方を実践しているとのこと。記号を当てはめていくのではなく、風景を素材として捉え、自由に組み替えて絵画として再構成することが彼らの視点につながるのではないか。

    • ゆいこさん
        • 地域の潜在的な魅力を引き出す媒体としてのゲストハウスの研究
          • 調査手法としてグラウンデッドセオリー(GTA)を用いることに。データの収集と分析が同時並行で継続していくもの、分析によって収集していくデータが変わっていったりすることがある。実際に商店街の地図や構成要素のプロットが必要。

  • 「仮説と飛躍がありすぎて、授業では責任を持って論じることができないような、思いつきたてほやほやのアイデアを、研究室のゼミでぶちまけて議論する30分」
    • 「歩行」から空間や風景を見直す試みをジャカルタや神山で実践してみたいとのこと。
    • 都市化によって内部がなくなる。
    • シルバニアファミリーとリカちゃん人形の世界から学ぶ外部のない都市

2018年度春学期 研究会第7回

第7回研究会が開講されました。

●SFCマップ進捗発表

◯ゆきの

ゆきのはSFCの色の地図をテーマにしています。

前回の講評を参考に、ゆきのの個人的な経験や感覚から三原色を作りSFCを表現して行くことが発表されました。今回はソファーの色柄を表現する際に「ハッピーの頭みたいだね」など色表現としても登場する、ゆきの一家の愛犬「ハッピー」が三原色としてあげられていました。

先生からは、ゆきのの個人的な経験や感覚から生まれたゆきの色と、SFCの色をSFC生みんなの経験から名付けたSFC色両方からアプローチするとより面白くなるかもしれないなどのアドバイスがありました。

●現代版作庭期

今週も、各グループごとに1章ずつ現代版作庭記が発表されました!

通常の発表に加え今週はリメイクの方針についても全体で話し合いました。

現代における造園の手引書として全てを現代版に書き換えるのか?それとも現代において何かを作るために手引書としてではなく作庭記スピリットをわかりやすく伝えるための現代語訳にするのか?など皆でディスカッションしました。石川初研究室としてのアプローチは後者であるべきと統一して、うっかり読めてしまう作庭記の制作を目指します!

●エキスパート

◯源

エキスパートとは。熟練者。達人。ということで源は太鼓の達人について紹介してくれました!中高時代にPSP版の太鼓の達人にハマり、そこから実際のゲームセンターの太鼓の達人にもハマっていたこと、PSP版とゲームセンターのものとの違いやマイバチの作り方などを話してくれました。現在でも、ある曲では御茶ノ水エリアで月間1位を保持する実力者です!

◯桃子さん

桃子さんは2ヶ月間イタリアにいた経験から、言語学やイタリア語について紹介してくれました!現在普通の日本語にも浸透している、ティラミスやブラボー(ブラーボ)などもイタリア語やラテン語の側面から解説してくれました。

●生活学会発表

5月26日、27日の2日間、SFCを会場に日本生活学会第45回研究発表大会が開催されました。今回の研究会では、石川研の大学院2年生西野翔さんがこの第45回日本生活学会で発表した徳島県神山町での研究の発表をしてくれました。

この発表を見て、この研究に石川研的に見て足りないことなどを皆で整理し今後の勉強としました。

2018年度春学期 研究会第6回

春学期第6回目の研究会が行われました。

・SFCマップ進捗

-こりな

こりなは一旦臭いというテーマをやめ、裸足でSFCを歩くというテーマに今週はフォーカスを当てました。「歩くところ」「歩かないところ」「歩きたいところ」「歩きたくないところ」があることを発見し、歩いて得たデータをそれらに分類しました。先生からは、とりあえずもっと歩いて見て得たデータを随時プロットして、分布が見えてきたらそれを地図に乗せられる情報に変換していくといいなどというアドバイスが上がりました。

 

-源

源は前回の「音というものに1から向き合うべき」というフィードバックをもとに、音を再認識し、彼なりの視点で表現する「SFC DJ 源」というテーマを発表しました。SFCにある音だけで新たなストーリーを作り出して、それを実際に歩きながら体験するという新しい形に挑戦するそうです。先生からは、音の説明が単調なのでもっと差をつけてみたり、絵やルートを添えるとさらに面白いなどのフィードバックがありました。

・エキスパート

-電車

→描き鉄(電車を主に正面から描写する)

・電車好きには車両鉄・撮り鉄などいろいろ存在しているそうです。彼もいろいろ手を出していますが、母数の少ない描き鉄というジャンルにも属しているそうです。中学3年生から電車の絵を描き始め、今ではツイッターでリクエストを受けるほど。ついには東急電鉄で配布されたシールにも使用されたそうです。

-彩さん

→バレエ鑑賞

・バレエを見ていると寝てしまう・つまらないと思っている人が多い、と、バレエ鑑賞の面白さについて語っていただきました。バレエというのは「パ」という基本技の組み合わせでできていて、上手な人はどの瞬間を止めて見ても美しいんだそうです。

・作庭記 現代版作り

前回分けたグループごとに割り振られた章の現代版口語訳を作ってきました。それぞれのグループが個性を出しながら口語訳をし、その章の考察も行いました。先生からは、意味は伝わっても今に使われてない言葉は、現代に使われている言葉に置き換えたほうが面白い、読み手が誰なのかのコンセプトを考えてテキストのスタイルを考えるといい、などのフィードバックがありました。

・即日課題「手書きパースの描き方」

生き物の絵を描く上で、骨格を覚えてからそれに肉付けをすると描きやすい、という先生からのアドバイスをもとに、研究会メンバーみんなで「動いている犬」をテーマに絵を描きました。それらを並べて置いた時、「ほとんどの犬が左を向いている」などの特徴が見えてきました。

港北ニュータウン ランドウォーク

5月20日、港北ニュータウンのランドウォークへ行きました。港北ニュータウンは、グリーンマトリックスという設計計画を元に開発、整備された都市です。

この日は、筑波大学や東洋大学など他大学との合同のランドウォークで総勢60人ほどで歩きました。

今回はこの港北ニュータウンの計画に携わった川手昭次先生にお話を聞きながらのランドウォークで、大変貴重な経験となりました。

2018年度春学期 研究会第5回

春学期第5回目の研究会が行われました。

  •  SFCマップ進捗報告

    ◦ゆきの

    ▪ゆきのはSFCの「色」を主題に決めました。この日は、色の名付けはあくまで絶対的なものではなく、相対的なものではないかということを、和名辞典に載る江戸紫や古代紫、瓶水色などを例にとって説明してくれました。江戸紫は江戸時代に流行したやや青みがかった紫のことですが、この色の誕生によりそれ以前に主流だった紫は古代紫と呼ばれるようになりました。また瓶水色は、水瓶に空が写った時の色とされていますが、現代ではそのような体験をすることもありません。このことからゆきのは、自分の言葉でSFCの「色」を表現し、名付けることはできないだろうかと思い、色見本帳で測色をするなどリサーチを重ねています。先生からは、色を読み解く側が、発信する側である塗装会社などの規格に沿って測色しているところがジレンマであるなどのアドバイスが上がりました。どんどん面白くなりそうです。

  • 現代版 『作庭記』(グループ分け)

    ◦『作庭記』とは平安時代に記された日本最古の庭園書です。大阪市立大学中谷ゼミがこの『作庭記』の口語訳を公開しているものを参照に、現代版の『作庭記』を作ってみようというグループ課題が開始されました。第1章を除いた残り36章を6グループ6週にかけて現代版に変えて発表します。「クライアント」や「コンセプト」などに馴染みのカタカナ語が混じると一気に親しみやすくなり研究室でも笑いが生まれていました。この日はグループ分けです。来週から発表が始まります!

  • エキスパート

    ◦竹田

    ▪竹田は「ペン回し」のエキスパートでした。 中高時代に授業に集中せずにペン回しに明け暮れた経験から、「ペン回し」の凄技の数々を自身の動画で紹介、それから実際に披露してくれました。ペンの回し方のそれぞれに名前があり、個々の技と、それらの組み合わせの美しさなどを競う競技があることも驚きでしたが、より回しやすいペンを!と探し求め、改造ペンを作り出す人も多いことなどを教えてくれました。改造ペンにも定番のものからオリジナルの改造など様々あり、この日は竹田も自作の改造ペンを持参してくれました。研究会一同大ウケです!

     

    ◦ゆいこさん

    ▪ゆいこさんは「競泳」のエキスパートでした。3歳から16歳まで競泳を続け、関東大会で優勝経験があるほどのアスリートだったことを紹介してくれました!当時のスーパーハードな練習スケジュールや大会の様子などを、実際のスケジュール表やビデオなどを見せながら紹介してくれました。この経験からゆいこさんはたいていの辛いことならなんともないと思えるメンタルの強さを持ったそうです!

 

  • 港北LW事前学習

今月20日に港北ニュータウンのLWに行くため、港北ニュータウンについての事前学習をしました。

・ディスカッション「役に立たない機械」

◦この日はSA晴子の持ち込み企画で、「役に立たない機械」について皆でディスカッションをしました。早稲田大学建築学科の設計演習Aの中の「役に立たない機械」を作るという課題があります。この課題の中で中谷礼仁教授が参照しているイマヌエル・カントの「美とは、目的なき合目的性である。」という言葉を取り上げながら、行動の理由と目的や意味などについてディスカッションをしました。

私たちはしばしば、自分たちの行動に意味をもたせて安心しようとしたりさせようとしたりしていて、本当は理由のない行動に相手を納得させる為に一時的に理由をつけてしまうことも多い。自分のしていることがどのステージのものなのか考えてみるといいということなどがまとめに上がりました。

次回の研究会活動は、20日のランドウォークです!

2018年度春学期 研究会第4回

春学期第4回の研究会が行われました。

  • 調布景観についてアイデア出し
    • 調布市の都市計画の景観担当の職員がお越しになり、住民が景観について考えるきっかけとなるイベントやツールについて考えました。
    • 風景や景色、眺望など、類似する言葉が多くある中で、「景観」という言葉の位置づけ、意味について議論を重ねたのち、住民がどのようにすれば、その地域の景観について意識的、自覚的になれるのか、アイデアを出し合いました。

  • SFCマップ進捗報告
        • SFCの「音」をテーマに、実際に音を採集、分類を行いました。〇〇系という分類は、そこで耳にする音よりも先にある概念であるため、あくまでも音を中心にして分析を行う必要があるという指摘がありました。

      •  コリナ
          • 自分の身体の感覚を頼りに、SFCを描き直す試み。今回は素足でキャンパスを歩く「はだしマップ」と、SFCの各所に漂う香りを描く「においマップ」のためのリサーチを行いました。

  • エキスパート
    • 翔さん
      • 空手
        • 翔さんがかつて9年ほどやっていた空手道について、競技の内容や、構え・突き・払いといった実際の空手道の形をプレゼン。そして「明日から使える空手道」と題して、揺れる電車内でも体制を崩さずにいることのできる「三戦(さんちん)」という立ち方をレクチャーしていただきました。

    • まりさん
      • 弓道
        • 和の雰囲気をまとうまりさんが12年続けている弓道についてプレゼン。弓道を始めるきっかけや、実際の弓を用いた弓の引き方、弓道で用いる道具について紹介していただきました。

  • 神山ブック報告
    • 神山のハウスブックの制作班が、このGWに神山へフィールドワークを行いました。自治会の集会に参加したり、町長へのヒアリングを行いながら、大埜地エリアを中心に視察を行いました。

  • 即日課題「スケールを把握する」
    • 2,500*5,000
      • 駐車場の一区画のサイズである2,500mm*5,000mmを1/50縮尺で考えました。まずは紙に車を描くことで、駐車場を占める車の大きさを感じた上で、同じサイズのスペースに、木とベンチを配置する案を考えました。
      • 実際に同じスケールで研究室に駐車場の1区画を作り、紙に書いた案を擬似的に再現してみることで、紙上の案と実際の大きさを比較して考えることが出来ました。

2018年度春学期 研究会第3回

春学期第3回の研究会が行われました。

 

まずは石川初先生と30年の付き合いになり、神山プロジェクトでもお世話になっているつなぐ公社の西村佳哲さんによるレクチャーを頂きました。

 

西村さんの過去の経験談や実際に作った作品など、非常に興味深いお話をして頂き、研究会メンバーも西村さんの感性の敏感さ、発想の柔軟さなどに驚いていました。

 

続いて今週の課題だった名刺ドラフトの講評会がありました。

各メンバーの個性が出た良い講評会でした。

そして投票の結果1位に選ばれたのはレナさん!おめでとうございます。

 

続いて、展示会の振り返りを行いました。

振り返りでは皆様からの意見やメンバーの感想をもとに反省を行いました。今年の来場者数はおそらく1000人越え!ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

次に、SFCマップのテーマ構想の発表がありました。

まずは、源から。

「こんなに自然に囲まれたキャンパスにいるのに、耳を澄まして環境の音を聞かないのはもったいない!」という思いから、SFC特有の音を感じることを可能にするマップを作るそうです。その音をどのようにマップという形に落とし込むかが今後の課題だそう。

 

次に、ゆきのの発表。

「色と風景を結びつける地図を作って、いずれ地図を持たなくなっても記憶に残り続ける地図」を作って、自分が今何色で構成された世界にいるのかを認識できるようにする。または、「折りたためるコンパクトな立体の地図」を作る。という二つの案のどちらかで行くそうです。

最後にコリナ。

コリナはたくさんの候補をあげてくれました。「SFCの窓から見る風景マップ」「SFCの清掃のおばちゃんに会いに行けるマップ」「Z軸(高いところ)から見るSFC」「足の感触・匂いを可視化する金子みすゞマップ」。どれも独創的なものばかりで、非常に楽しみです。

 

最後に、「みんなが知らない何かのエキスパート」企画。

今週はまーしーさんです。

文字を書くアーティストとして活動中のまーしーさんが、研究会のモットーである「愚直に 執拗に 丁寧に」という文字を実際に書いてくれました。

 

そして最後に共有事項の確認を皆で行いました。

次週の研究会はお休みです。

2018年度春学期 研究会第2回

春学期第2回の研究会が行われました。

まずはもえの地元Movieの紹介から。

自分が通い続けて17年目になる通学路をフィールドに、印象深いスポットを紹介しました。それぞれのスポットを通った時に想起される人物の写真を載せていた点が特徴的でした。

続いて石川研で行われているプロジェクトの紹介がありました。今学期から始動するプロジェクトもいくつかあります。

  • ベルナティオ
    • 新潟・十日町のリゾート施設のランドスケープを扱うプロジェクト。2016, 17年度は桜の植樹のプランニングを行ってきましたが、本年度は、BBQテラスのガーデニングのプロジェクトになります。

  • 越後水沢駅周辺ランドスケープ
    • ベルナティオの最寄り駅である越後水沢駅の敷地のデザインを行うプロジェクト。7月から始まる大地の芸術祭に向けて活動します。

  • 大磯リブランディング
    • 特徴的な地形、旧吉田茂邸という史跡を持つ大磯をフィールドに、この土地が持つポテンシャルをいかしたリブランディングを試みます。

  • 調布景観
    • 調布の景観について考えるプロジェクト。昨年度は市民検討会にも複数回参加し、地元の小学生に向けた景観教育のための教材を提案しました。

  • グリーンヒル貝取
    • 多摩ニュータウンにあるマンション「グリーンヒル貝取」のプロジェクト。マンション内の緑地管理について考えていきます。

  • 気仙沼街づくり
    • 昨年度までSFCの別の研究会が取り組んでいたものを引き継いだプロジェクト。被災地でのまちづくりに取り組んでいきます。

  • 神山町スタディ
    • 徳島・神山町の集落で、風景のリサーチを行いながら、その集落の持続力を探るプロジェクト。昨年は集落の歩行空間にフォーカスしたリサーチも行いました。

  • 神山ハウスブック
    • 集落にある集合住宅に置く本のデザインを行うプロジェクト。住む世代が移り変わっていく中で、彼らが住んでいた記録を残すためのメディアをつくっていきます。

  • 千年村
    • 千年以上続いている集落を「千年村」と呼び、それらの持続可能性について探っていきます。

  • 住宅のランドスケープ(新白岡・調布)
    • 新白岡と調布の郊外住宅地の庭のデザインを通じて、ご近所付き合いが生まれるのか、その可能性を探ります。

  • 建築と植栽
    • 雑誌「住宅特集」の中で取り上げられる住宅について、そこで取り上げられる植栽の変遷から時代ごとのあり方を探ります。

  • 東大岡部研合同WS(前回はジャカルタ)
    • 昨年度まではジャカルタのスラム街で10日間滞在し、セルフビルドで住環境の改善のためのワークショップを行っていました。

  • ロフトワーク渋谷
    • 渋谷109前の花壇のデザインを通じて、公共空間の見直しを図ります。

続いて春学期のワークと新規生の個人課題について。

今学期のテーマは「再見」。今まで自分が見てたものに「さよなら」という意味と、物事の再発見という意味が込められています。

演習では庭の設計を通じて、スケールの把握を試みます。

新規生はSFCの魅力を再発見できるようなマップの制作に取り組みます。過去に先生から別の大学で担当していた授業の類似したマップ課題を紹介していただきました。

また、学部生の自主プロジェクトとして、以下が候補に上がっています。

  • 作庭記の現代語訳
  • 花壇KIT配布プロジェクト
  • SFCの植物図鑑

次に今学期から始まった持ち込み企画「みんなが知らない何かのエキスパート」。

研究会メンバーそれぞれが週に2人ずつ、ある分野のエキスパートとして自分が詳しいものを紹介する事になりました。

まずはりささんから。

「アンティーク塗装を覚えよう!」ということで、実際にインテリアデザインの事務所で働くりささんが、塗装の実演を行ってくれました。

続いてかおるこ。大学1年のときに水上スキー部に入っていたことから、水上スキーについてプレゼン。そして彼女が今でもやっている演劇について、おすすめの作品の紹介を行ってくれました。

最後に「名刺のリデザイン」のワークを行いました。石川研の展示会でもお世話になっている、とある企業の方の名刺のデザインを考えることに。

まずは、先生から「名刺とは何か」という話がありました。ものとしての名刺の機能や、名刺交換という行為の意味について考えました。

そして、与件を元に実際の名刺のデザインのラフをつくりました。メンバー同士で投票を行い、優秀作品を決める予定です。

2018年度春学期 研究会第1回

今年度も、第1回目の研究会が開講されました。

まずは新しく加わったメンバーからの自己紹介と、質問から始まりました

今期も個性豊かなメンバーが出揃いました!

その後は継続生の春休み課題発表が行われました。

春休みの課題テーマは”3minutes to home”。 各自の「ホーム」つまり日常的な場所、見慣れた風景を、魅力的に伝える3分程度の動画にまとめる課題です。

それぞれの、「ホーム」への輪郭の与え方やまとめ方、またその土地自体にも様々な違いが見られ、 気づくことの多い上映会となりました。

その後は次回ランドウォークの日程を決め、新規生歓迎のパーティーをしました。

2018年度春学期の石川初研究室、スタートです!