2016年度秋学期 研究会第13回

・移動のアートワークの発表がありました。
1班「かくれんぼ」
5人でそれぞれビデオを撮りながら、かくれんぼをした様子を成果品にする。

2班:「痕跡」
ある人の移動を誰かが追っていく過程を成果品にする。

3班:「キセイ」
ノマド生活を送る女子大生の持ち物を分類してダイアグラムにする。

4班:「乗り物」
乗り物の移動をダイアグラムで分類する。

5班:「GPS Drawing」
GPSを持って地上を歩き、軌跡ログで文字を書く。

6班:「チャージの立体ログ」
駅でチャージした履歴を、立体ダイアグラムにして、3Dプリンターで印刷し表現する。

7班:「移動の音」
足音を音楽として捉える。

8班:「プリンターとスキャン」
スキャナーのトナーの上で移動して、現実とデジタル世界の関係を表現する。

・神保町ビエンナーレの報告がありました。

エントロピー経済学の考え方では、私⇄公の考え方に「共:common」という考え方が加わる。
近年のグローバル経済では、「私」を重視、「共」が少なくなっている。
その背景から、農家の軒先だったりシェア空間だったり、切り分けられない部分が見直されている。これは、共の復権ではないか。
というトピックについて議論しました。
(担当:貫洞)

2016年度秋学期 研究会第12回

・移動のアートワークの発表がありました。
移動の痕跡を写真で記録する班、移動を音声ログで記録する班、スキャナーで記録する班による発表がありました。

・「冬休みから読み始める本選び」をしました。
『動いている庭』か『セヴェラルネス』の選択肢から、『セヴェラルネス』に決定しました。
「自分たちを取り巻いている環境は様々な痕跡に満ちていて、私たちはそれを再解釈しながら日々移動している。」ということについて考えさせられる本です。

・レクチャー&議論がありました。
主に、
「桜を植えることの意味」
「デザインの5つのカテゴリ」
「デザインされた風景」
について、議論しました。
(担当:貫洞)

XD合同説明会

今週ですが、XDプログラムの研究室の合同説明会を開催します。説明会はオープン、出入り自由です。興味のある学生は来てみてください。
16-AT-XD説明会2

2016年度秋学期 研究会第11回

今週はまず移動のアートワークの発表を行いました。

研究会も残り3回ということで、各班最終成果物の作成にむけて現状報告や今後のスケジュールの発表を行いました。

s__9904278

その後、伊藤さんに修士論文の発表をしていただきました。

津波の避難経路に関する研究。

津波が来たら膨大な被害を受けるにも関わらず、土地に不慣れな観光客が多数訪れる鎌倉を対象地とし、避難時に観光客は何を見て避難し、何に迷っているのかを明らかにする研究のまとめを発表してくれました。

s__9904279

 

最後に即日課題。テーマは「東京ドーム」

日本では、日本人の殆どが行ったことがないはずの東京ドームが土地の広さを表す単位としてよく用いられます。

東京ドーム〇〇分!と言われてもよくわからない現象を解消するために、

「ドームの面積or容積をわかりやすく表現し伝える作品案を考えよ」

が今回の課題内容として与えられました。

s__9904280

土地面積を長さに置き換えてみたり、容積をビールジョッキに置き換えてみたりなど、様々な表現で単位変換を行いました。

担当:ニコラス

 

2016年度秋学期 研究会第10回

今週は五輪最終発表からです。

img_5947

12/10に発表を終え、SFCは林信行賞をいただきました!

s__25509891

そして今日は久しぶりに即日課題を行いました。

課題内容は「ある秩序に命名する」

例えば樹木であれば、植物学的な名付けや用途による名付けを受ける。また慣例的なネーミングを後付けで命名されることがあります。

ほかにもSFCはであれば

残留(大学に留まることの絶望感まで伝えきれない)

グルワ(グループワークの特殊な雰囲気を伝えきれない)

カモる(鴨池で座り込んで友達と談笑する風景まで伝えきれない)

など、慣用的な言葉を辞書化するには膨大な解説が必要です。

今回はこれらSFC用語について新たな説明を加えることを課題とし、みんなで取り組みました。

img_5956

担当:ニコラス

2016年度秋学期 研究会第9回

今週は実際にベルナティオまで行ってきたベルナティオ班による発表から始まりました。新潟のリゾート地で桜を計画的に植えるというプロジェクト。

並木や群植、シンボルツリーやの配置など多角的な視点でランドスケープを分析し、桜のプロット方法についての考察を発表してくれました。

img_5913

その次にはれなが神山町について現状報告、これからの方向性について発表してくれました。

img_5917

そして毎週恒例の移動のアートワークの発表

img_5920

img_5923

今日の最後には4年生に卒プロのアブストラクトを語ってもらいました。

卒プロも締切が迫ってきたのでみんなから少々焦りが見えました。

img_5932

img_5935

ORFが終わりながらもORFの時期に負けず劣らずの忙しさですが気を引き締めて頑張っていきましょう。

担当:ニコラス

 

2016年度秋学期 研究会第8回

無事ORFを終えたので、今週はORFの振り返りを行いました。

展示の方法から説明の仕方まで、たくさんの反省点が見つかったので、来年はそれらを改善し更に良い展示を見せられるように頑張ります!

その後には毎週行っている移動のアートワークの発表。各班方向性が決まり始めたました。最終アウトプットが楽しみです。

s__9765105s__9765106

研究会終了後には誕生日が10月と11月だった人たちにサプライズバースデー!(まな、ありがとう)

s__9765107

担当:ニコラス

 

2016年度秋学期 研究会第7回

 

今週はORF直前ということで、ORFの進捗報告を中心に進みました。

◆五輪アーカイブ 発表

今回の五輪アーカイブは「マラソン」に切り口を絞って、マラソン選手のすごさを体感することにしたようです。

マラソン選手と同じ速さで走ってみる、やスタート地点の密集度を体験するといった案がある中で、一つマラソン選手が消費するカロリーに注目し、マラソン以外の方法で選手が完走するまでに消費する2500kcalを体験するというアイディアも。

これに対してジャンボがカラオケでこのカロリーを消費してみることを決意。深夜からカラオケにこもり、カラオケマラソンをやってみるようです。結果が楽しみです。

◆ORF 進捗確認

ORF直前ということで、各プロジェクト進行状況最終確認や実際に作ったプロダクトの発表を行いました。

・なんちゃってSFC

s__9765100

これをかけると世界がSFCっぽくみえるようになる(はず)という作品

・SFCの福笑い

s__9765101

世界の有名な風景を背景にし、SFCらしい要素を福笑い的に置いていけるもの。

どんな風景でもオメガ館、鴨池と木があればSFCっぽく見えてしまうという衝撃的作品。

このような個性的な作品に加えて、長期的に調査を行っている神山町や千年村プロジェクト、そして毎月継続して行っているランドウォークを取りまとめたノートなどを展示予定です。

是非当日は東京ミッドタウンまでお越しください。

s__9765097

(担当:ニコラス)

 

2016年度秋学期 研究会第6回

今回の研究会では久しぶりの即日課題を行いました。

課題は去年に引き続きアンディー・ゴールズワージーごっこを行いました。

20分の制限時間でドコモハウス周辺に全員で繰り出し、「外に出てその場にあるものを組み合わせて秩序を創出する」作業をしました。

ポイントは

・ 形: ものの資材化 ものの意味をいったん切り離して考える

ex. 葉っぱだということを忘れて、とがっていること、緑であること、をみる。

・ それを置くことによって周りが引き立つような強度のあるものを置く。

・ 状況そのものを正しく冴えたやり方で読みとる。

・ 見過ごしていた潜在的な可能性を引き出す

・ 秩序を創出する=再発見する

でした。

以下完成作品です。

s__9625873 s__9625874 s__9625875 s__9625881 s__9625882 s__9625883

 

◆五輪アーカイブ

先週のフィードバックをもとに複数のアイディアを実践した結果を発表してくれました。

「すごさを日常に置き換える」というテーマをもとに、1964年のオリンピック 陸上男子 100m 飯島選手が出した 10.6 秒という記録を体験しようと様々なアプローチで挑戦していました。

体育会の遼平が

・普通に走ると 14.84

・ 助走をつけて走ると 13

・ 自転車にのると 16秒

・ 自転車で助走をつけて走ると 11.92

となかなか10.6秒に達しません。そこで試験者を変えてOJKが挑戦してみると

・自転車で助走をつけて走ると 10.42

と突然記録を抜いてくれました。

自転車に乗ってさえ、オリンピック選手の速さを出すのは困難ということがよくわかりました。

 

ORFの準備も着実に進んできました。

s__9625876

これはなんちゃってSFCメガネ。つけると一瞬で目の前の景色がSFCっぽくなります笑

 

今週と来週でORFは大詰めです。頑張っていきましょう。

担当:ニコラス

2016年度秋学期 研究会第5回

今回の研究会は発表がとても多く、めまぐるしいスピードで進行していきました。人数が増えるとともに研究会内で発表時間の占める割合が大きくなってきました。

◆移動のアートワーク

s__9625663

1班

前回の発表から引き続き鬼ごっこの移動についての発表でした。

鬼ごっこのプレイヤーが動いたログを記録して分析をしていました。s__9625664

4班

移動時の無意識についてを調査していました。

私たちが移動をする中で縦方向の移動に関して実は無意識的なのではいか?という仮説を立てた上でSFC内での移動を分析していました。

◆11月のランドウォーク

 

【LWの話し合い】

今月は11月5日に山手〜本牧(米軍基地・海食崖)に決定しました。

 

◆ORF

竜太郎が石川研Tシャツをデザインしてくれることになり、そのデザインの最終調整を行いました。

その後、各プロジェクトの進捗報告を行いました。

今年もORFに展示するプロジェクトがとても多く、忙しい日々を迎えそうです。

 

◆五輪アーカイブ発表

s__9625665

テーマを「2020にワクワクする」とし、今まで考えてきたアイディアを発表してくれました。

まだ現状として去年の作品と類似している点が多いので、これから今年のメンバーならではの作品が作り上げられていくことが楽しみです。

 

・卒プロに向けての展望

前回時間が足りなかった卒プロに向けての展望の続きを行いました。

 

今回も盛りだくさんの研究会でした。

これからアウトプットの機会が多くなりますが、質を落とさないように頑張っていきましょう。