hajimemo

―石川初の近況・活動メモ


10月13日 国土地理院ほかの共催による地理情報イベント「G空間EXPO」にて、GEOアクティビティコンテストの審査員を務めました。


10月7日 日本建築学会「建築文化週間2017」の企画として、日本建築学会九州支部佐賀支所主催のシンポジウム「クリークのまち“再発見”」に登壇しました。


10月5日 日本建築学会「建築文化週間2017」の企画として、建築文化考2017・シンポジウム「建築内自然と都市内自然」に登壇しました。


10+1webにて、「ポケモンGOが拓いたかもしれない公園の可能性について」と題した論考を発表しました。


12月18日 神山町プロジェクト明治大学合同成果報告会


12月10日 東京五輪アーカイブ発表・講評会


12月2日〜4日 神山町中間報告会


11月27日 神山町4K映画祭で講演しました。


11月25日 ジオアクティビティコンテストの審査員を務めました。


11月18日〜19日 2016年度のSFCオープン・リサーチ・フォーラムが開催、ミッドタウンの会場に石川研も展示ブースを設置してこの1年間の活動を展示しました。


10月28日 日本造園学会主催の日中韓国際ランドスケープ専門家会議の一環として行われたテクニカルツアー(フィールドワーク)にコーディネーターとして参加、東京大学オン号キャンパスから日比谷公園までの地形街歩きを行いました。


公益財団法人高速道路調査会の機関誌「高速道路と自動車」の10月号、11月号、12月号の「グリーンムーブメント」というコーナーに連載記事を執筆しました。テーマは「ランドスケープの解像度」。


10月21日〜22日 新潟県十日町市、あてま高原リゾート・ベルナティオに出張しました。委託プロジェクトの敷地調査です。


9月18日 名村造船所跡地/クリエイティブセンター大阪で開催されたデザインイーストにて「いどうとわたし」というテーマでレクチャーしました。


9月1日〜3日 徳島県神山町に出張しました。石川研の調査2回目です。学生は10日まで滞在しました。


8月16日〜20日 東京大学の岡部研究室主催のジャカルタでのワークショップに参加しました。SFCからは、石川研の学生が5名、他に特別研究プロジェクトの履修生として2名が参加しました。


8月4日〜6日 全国から高校生の参加を募集して行われるワークショップ、SFC未来構想キャンプの地方開催版として計画された「高大連携ワークショップ」に教員として参加、SFCの飯盛先生、一ノ瀬先生、長崎の高校生や参加したSFC生らとともに佐世保に滞在しました。


8月1日〜3日 徳島県神山町に出張しました。石川研の今年度の調査の第1回目です。


7月30日 お台場のイベントスペース、カルチャーカルチャーにて開催されたトークイベント「スリバチナイト」に出演しました。


7月21日 SFCフォーラムに講師として登壇しました。


7月16日、17日 千年村プロジェクトの疾走調査に学生とともに参加しました。http://mille-vill.org/


6月16日、17日 徳島県神山町へ出張し、町長や町の皆様や神山つなぐ公社の皆様にプレゼンテーションを行いました。


6月3日 月刊誌「東京人」7月号、特集「都心の森を歩く」に寄稿しました。「『未来の森』への予感」というタイトルで、浜離宮恩賜庭園/海の森/第六台場/三井住友海上駿河台ビルと周辺/玉川上水を紹介しました。


5月21日、22日 立教大学新座キャンパスで開催された、日本生活学会・全国大会に出席しました。研究発表会では「郊外一戸建て住宅地の庭空間における共同体の生成」というタイトルの発表を行いました。また石川研のB4年生・吉田桃子との連名で「ナビゲーション地図としての江戸切絵図のデザイン再考」を口頭発表しました。


2016年度の春学期が始まりました。研究会のほか、昨年度から引き続き開講する「パーソナルプレイスデザイン」に加え、中西泰人先生、オオニシタクヤ先生と一緒に「デザイン言語総合講座」を、また池田靖史先生とともに「デザインスタジオ(自然と建築)」も担当することになりました。また、東京大学(新領域)、早稲田大学(創造理工学部建築学科)でも非常勤講師を務めることになりました。


3月24日、調布市景観審議会が開催されました。あらたに調布市景観審議委員に任命され、会議に参加しました。地元の地域に少しでも貢献できるよう頑張ります。


3月15日、藤沢市健康の森市民ワークショップの第1回が開催され、ファシリテーターとして参加しました。石川研からは学生が事務局補助として、また市民としても参加しました。


3月12日、加藤文俊、諏訪正樹、両氏とともに不定期に実施している実験的街歩き(通称おじさんぽ)を実施しました。今回は梶ヶ谷周辺を歩きました。


3月9日-3月11日 徳島県神山町で合宿を行いました。学び多き旅行でした。


3月3日、藤村龍至設計事務所の皆さんのご案内にて、リフレ新白岡の現地を見学しました。新規分譲の「コミュニティ・ガーデン街区」の外構デザインに協力しています。


2月27日、首都大学東京の「都市空間プランニング実習」(東京都都市づく り公社寄付講座)の地域発表会・シンポジウムにパネリストとして参加しました。


竹田市温泉利用型健康増進施設(ミニクアハウス)の設計者選定に係るプロポーザル審査にて、坂茂建築設計が最優秀者として選定されました。おめでとうございます。プロポーザルのランドスケープをお手伝いしました。


1月23日、五反田のゲンロンこども教室主催のゲンロンこどもアート教室第3期「独立国家をつくろう!」に講師として参加しました。


12月17日、調布市景観まちづくり市民検討会にアドバイザーとして参加しました。


MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト、団地ハイキング「多摩ニュータウンを歩こう」の記録が公開されました。


12月18日、電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)のシンポジウムに、企画セッション III「旅と場所」への招待講演者として参加、「日常の描法ー移動を描く地図,移動で描く地図」と題した講演を行いました。


12月5日、川崎市の「市民景観まちづくりワークショップ」に講師として参加しました。昨年度も講師として呼んで頂いたイベントで、昨年度の成果はフォトブックとしてまとめられています


11月29日、MUJIとURが共同プロジェクトとして行っている「団地リノベーションプロジェクト」のイベント、団地ハイキングに明治大学の門脇耕三さんとともに講師として参加しました。


11月28日、産学官の連携企画「G空間エキスポ」のうち、エデュケーショナル・プロジェクト「お台場歴史・地形散歩」に講師として参加しました。また、地理学会主催のシンポジウム「遊びから始まる地理のフロンティア」にパネリストとして出演しました。


11月27日、谷中HAGISOにて、展示会「中村市をめぐる 万物収集報告展」のクロージングトークに出演しました。


11月23日、東京都市大学建築学科の演習課題の一環で、多摩ニューフィールドワークにゲスト講師として参加しました。


11月4日、公益財団法人日本デザイン振興会「グッドデザイン賞」の表彰式に審査員として出席しました。


11月2日、国土交通省国土地理院「電子国土賞」の審査員を務めました。
2015年度の受賞作品


10月3日発売の雑誌『東京人 特集:東京地理散歩』にて、芥川賞作家柴崎友香さん、日本地図センター小林政能さんと対談した記事が掲載されました。その他、お薦め地理本のコラムも担当しました。


10月2日、五反田ゲンロンカフェにて『石川初 × 今和泉隆行 × 大山顕 × 東浩紀 ショッピングモールから考える#5空想地図から都市を見る』に登壇しました。


9月7日から9月17日にかけて、横浜大さん橋にて開催されたワークショップ「横浜ハーバーシティスタディーズ」のディレクターを務めました。


9月11日、名古屋市立大学主催 名古屋商工会議所冠講座『デザインと持続可能な未来社会』にて、「ガーデンと風景のデザイン」と題したレクチャーを行いました。


8月21日、調布景観まちづくり市民検討会の第一回に、アドバイザーとして出席、ワークショップの講評を行いました。


8月15日、日本造園学会関東支部主催のランドスケープ学生ワークショップ「サマースタジオ」の中間講評会にゲスト講師として招かれ、講評とレクチャーを行ってきました。


建築家の日埜直彦さんとの対談録「総合地上学へ向けて──ランドスケール、キャラクター、生態学的視点からのアプローチへ」が、10+1 websiteにて公開されました。


8月8日、神楽坂のシェアハウス「シェア矢来町」での定期トークイベント「SCENE」に出演、「ログが描いた都市」という題でレクチャーしました。


調布市より「調布市景観アドバイザー」の依頼を頂き、承諾しました。本年度から平成32年(予定)まで、景観アドバイザーとして地元・調布をお手伝いいたします。


8月1日、お台場の「東京カルチャーカルチャー」にて、「スリバチナイト」というイベントに、東京スリバチ学会副会長として出演しました。


7月10日、早稲田大学・千葉大学・都市大学との合同プロジェクト「千年村」に参加しました。現在詳細調査の準備を進めている利根川流域の集落のひとつ、名胡桃の小川島の調査を行いました。 千年村プロジェクト・ウェブサイト 千年村tumblr


6月16日、首都大学東京にて、渡邉英徳准教授が担当されている「デザインマネジメント概論」で特別講義を行いました。


大阪のGPS地上絵ワークショップの様子が、スポンサーのリクルート・sumoのサイトに掲載されています。 「GPSで地上絵を描こう! まなびばデザインウォーキング」


少し前ですが、大崎ウィズシティのウェブサイトに、ウィズシティのランドスケープデザイナーとして掲載されています


イタリア・ミラノのポルディ・ペッツォーリ美術館 (Museo Poldi Pezzoli)で3月に開催された企画展「GEOGRAPHIES」にあわせて出版された、Beppe Finessi 編「Geographies – Representations of the world between art and design」に、10年前に作った「地ゾウ絵」が掲載されました。


6月6日(土)、慶應義塾大学教養研究センターの実験授業『日吉学』に講師として参加します。


5月30日(土) 21:30から、1955年築の木造アパートを改修して運営されている「最小文化複合施設」、「HAGISO」にて開催される建築系トークイベント『建築夜話(ケンチクヤワ)』にゲストとして出演します。今回は「建売住宅の憂鬱と抵抗」と題して、郊外の住宅地でいわばランドスケープ的に暮らす挑戦についてお話しする予定です。


2015年度のグッドデザイン賞の募集が開始されました。昨年度に引き続き、今年度も審査員として参加することになりました。


子供ワークショップが終了しました。放課後NPOのレポートはこちら。 5月17日(日)、放課後NPOアフタースクールの企画による子供を対象にした市民ワークショップ「GPSで地上絵を描こう!まなびばデザインウォーキング」が大阪で開催されます。「地上絵師」として指導に行きます。


SFC Global Campusに、5月7日に私が担当した環境情報学の講義資料が公開されています。ビデオの見どころのひとつは、ネコが出てきた途端に静かになった大講義室です。 環境情報学 第04回 「世界」のとらえかた(2) 移動すること/地図を描くこと


SFCオープンキャンパスに合わせて開催される高校生のためのワークショップ『未来構想キャンプ』のひとつを担当します。 WS04:地域再発見ワークショップ 〜その場所の隠れた魅力を引き出して伝える〜


4月25日 ニコニコ学会β セッション「空間と凸凹と私」に登壇しました。


2015年4月1日付けにて、SFCに着任しました。よろしくお願い致します。