2020年度春学期研究会 第12回 (2020.07.20)

こんにちは!

春学期最終回にあたる第12回研究会!今学期は最初から最後までZoomにて行いました。
学期中に一度は実際に研究会メンバーに会いたかったです、、、!

 

最終回のメニューはこちらになります↓
1. 新規生発表 vol.6
2. 本紹介
3. はじめさんタイム

 

今回の研究会の内容を詳しく説明します!

 

1. 新規生発表 vol.6
今学期の新規生課題は『家の中徹底鑑賞ガイド』です。
家にいることが多かった今学期。それを生かして、自分の家の中をこれまでにはなかった切り口から記述し、見方を再発見できるようなガイドブックを作成することが課題でした。
一学期間通して、徹底的に対象を観察することによってその道のエキスパートになり、対象の良し悪しだけでなく、鑑賞の作法まで語れるようになることが目標です。
新規生はこの課題を通して、石川研的な世界の見方を身につけることが期待されます。

 

・みくし
<傷ガイド>
みくしは家の中にある傷がテーマです。
傷には個性があり、傷がつくことが終わりではないと傷の魅力を再定義しました。
「風景に潜む彫刻」と「無傷の世界を見せてしまう助っ人」として傷を鑑賞しました。

 

・りりまる
<穴ガイド>
りりまるは家の中にある穴がテーマです。
あなを「あるはずのものがない=ないがある」と定義し、あなの認識を広げるために「穴の中に想像上の自分が入る」という考え方があると発表しました。

 

今回で新規生発表の研究会内での発表は最後になりました。今回の新規生それぞれのガイドが最後にどんなガイドになって出来上がるのか…とても楽しみです!

 

2. 本紹介(論文紹介)
・あやさん
「腐敗」をテーマとしてバトンを受けたあやさんは、いろいろ調べるうちに辿り着いた藤井建夫さんの発酵についての論文を紹介してくれました。
「伝統的な発酵食品技術の存続の危機」に書かれていた「伝統技術に潜む知恵を失うわけにはいかない」という藤井さんの主張から、石川初研究会に馴染みのある神山の話に飛びました。「神山の生活者の生活の知恵は根底にある合理性を見出すことができて、それにより(あやさんが)励まされている」その点において、発酵を見ている藤井さんとあやさんには共通点があるのではないかと話してくれました。そして最後には「私たちが風景に魅了されているように腐敗や発酵に魅了されて人生を捧げている人がいることがたまらない」と締め括りました。

 

メンバーからは、「発酵から最後は神山の伝統技術まで話がつながっていたことに感動している」という声が上がりました。

 

3. はじめさんタイム
今回のはじめさんタイムでは事前に指定された記事を読んできて、その内容について議論しました。

 

指定された記事はこちらです。「新型コロナウィルスは地球からの声。思想家、サティシュ・クマールは語る。「この危機から私たちは何を学べるのか?」

 

指定された記事では、今回の新型コロナウィルス流行をきっかけに私たち人間は「自然と共生する」という選択をすべきだという主張がなされていました。

 

議論では「彼の主張が正しいことはなんとなく理解できたが、納得はしきれなかった」という声が多く聞かれました。
・「自然と共生する」とはどの程度のことなのか、サティシュの主張ではこれまでの人間中心主義な生き方を改め「自然と共生する」と言われているが、これでは人間が周辺に追いやられる可能性もあるのではないか。
・我々はどこかの段階で、「折り合い」をつけなければならないのかもしれない。また、私たちはなんのために「共生」を目指すのかもここでは示されていない。
どれだけ自然の大切さを謳っても、人間活動を止めることはできない。そこの折り合いをどのようにしてつけるかが重要なのではないか。
・そもそも人間が存在しなければ環境問題は発生しない。人間は不自然な存在としてあるが、我々は生き延びようとする。人間が生きられる環境が今あること自体が奇跡的だから、人が生きられる環境をなるべく長く維持しようというのが現在の多くの人の考え方である。

 

最後にはじめさんから、「失われた環境は戻ってこない。さしあたって答えが出ないからこそ残しておくしかない。「先延ばしにする」ことが意味を持ってくる」と締めくくられました。

 

 

今回は春学期最後の研究会でした!
夏休みの個人宿題が発表され、今からどんなものができるのかとても楽しみです。

 

また、エイミーさんとぎゃんさん、れなさんが今回で最後の研究会だったとのことです。今期はずっとオンラインだったので実際にお会いすることはできませんでしたが、ありがとうございました!!

 

一学期間ありがとうございました。
みなさん、体には気をつけて良い夏休みをお過ごしください。