2019年度 秋学期研究会第4回

2019年度秋学期、第4回の研究会が行われました。


 

●第1回お土産発表(2班/4班)

・2班(名前未定)

おみやげを渡すことによって渡す側が思い出をピン留めしている行為だと考察をしました。

今までにもらったお土産を集めたり、グループ内で贈与をし合って感情をまとめるなど、様々な実践を通しておみやげについて考えています。

 

・4班「Frog」

「お土産とは土地性のある手土産である。」というキーワードを元に、土地性とは何かについて考えてきました。

 

土地性は

販売者→購入者→もらう人

という経緯を経て付与されるものだとしています。

 

また、普段おみやげと感じないものに表記されている言語を外国語に変えるとお土産に見えるのか、などの実験を行いました。

 

●メインビジュアルについて

研究室メンバーで展示会のメインビジュアル案を持ち寄り、どの作品とどう組み合わせられるかなどの議論を行いました。

 

●プロジェクト進捗報告

・水沢

越後水沢駅前へ植栽に行ってきました。

駅周辺の調査を行い決定した植栽を、住人の皆さんと一緒に植えました。

今後は住民が持続的に維持できるような仕組みを作ることを意識しながら植栽を選んでいくそうです。

 

・イースト21

10月中旬に行った打ち合わせの内容について発表しました。


 

●はじめさんタイム

はじめさんがこの学校に着任して1年目に生活学会にて発表した「郊外ー戸建て住宅の庭空間における共同体の生成」を研究会メンバーへ向けてレクチャーしてくださいました。

近所の交流に庭が役割を果たしているのではないか?という仮説を、[各家庭のリビングからの視線][地域交流スコア]など様々な角度から検証した、おかしくも非常に興味深い研究内容となっていました。