2019年度 春学期研究会第8回

ついに梅雨入り。さて、今期第8回目の研究室のスタートです。


SFCマップのブラッシュアップ
毎度恒例、SFCマップの進捗状況の発表を行いました。

ひかり「窓はときどき「鏡」になる」
・自分の中にある地図のイメージからの脱却。地図に描かれている壁とは何か。自分が窓に映る姿から、考察してくれました。

りな「高さの上下マップ」
・キャンパス内での行動ログと高さ移動についてのマップ。現在、3Dプリンターを使った地図を作成中です。

コペル「サインマップ」
・SFC中のサインを収集中。前回の発表を経て、自分が気になっているサインやサインの痕跡にまつわる話をしてくれました。ゴミ箱に興味が出てきた様子。

なの「色マップ」
・次々と色の名前が登場しています。色と模様の間にある新しい概念が生まれてきたみたい。

ゆり「自分の被服ログ」
・会う人によって、行く場所によって、洋服の系統が変化している。服を着ることとは何か。もっと根源的な部分から衣服と自分の間にある関係について見つめていく。

メンバーそれぞれのテーマにまつわる地図への考察がだんだんと深まってきました。最終の成果物がとても楽しみです。

世界の風景(真)

バックパックを担いで旅したタイの思い出を語ってくれました。電車の優先席にまつわるエピソードが面白かった。(タイでは僧侶さんもお年寄りや妊婦さん同様に、優先席の対象なんだとか!)東南アジア独特の熱気は、旅への欲求をそそられるものでした。

各プロジェクトの進捗報告

すでに動き出しているプロジェクトについて、進捗状況の報告がありました。大宮LW、慶應幼稚舎復活の森プロジェクト、水沢。頑張りましょう!

セヴェラルネス輪読会
今回は、第3章~建築職人ウィトルウィルス~について。本当の意味での強い技術とは、弱い技術とは何だろうか。メンバーそれぞれの体験を交えて、活発な議論が行われました。

・・・

LWの次回開催場所は、田園調布に決定。ついに春学期も折り返しです。気を抜かず、愚直に丁寧に。。。