2019年度 春学期研究会第6回

ドローイング合宿も無事終了。おいしいカレーライスをみんなで囲んで、ひたすらペンを走らせる時間はとても良かったなあ。

先週末、ドローイング合宿の様子をちらり

さて、今期第6回目の研究会のスタートです。


SFCマップのブラッシュアップ

はじめに、新規性マップの進捗状況から。今回は5名が発表してくれました。

ゆり「自分の被服ログ」
・キャンパスにおける自分の洋服を記録している。思った以上に、自分の曜日への意識が服装へ現れていることが驚き。講評を踏まえ、服を選んでいる時の自分の状態なども記録していくそう。

りな「高さの上下マップ」
・階段に注目をしてみた。針金を使って、自分の移動経路を三次元で表現してみたそう。はじめさんからのアドバイス、時間軸をどうやって組み込むかが今後の課題のようです。

なの「色マップ」
・諭吉像の周りに生えてる木を、ナノ独自の目線でネーミング。「小金井公園の遊具」色、「しいたけの菌床」色・・・など。より、ナノにしか分からないような表現で、色彩を表せたら面白くなりそうです。

ひかり「窓はときどき「鏡」になるマップ」
・オメガ館に絞って、徹底的に窓を調べてみたそう。と同時に、その時の条件や照度も記録。引き続き、キャンパスの他の場所も調査していくそう。

きぶし「地下を妄想するマップ」
・自分の地下への妄想に納得がいっていない様子。地下プロになるということで、メンバーやはじめさんから地下情報を集めていました。近日中に「首都圏外郭放水路」へ訪問予定です。

コペル「サインマップ」
・前回のスケジュール通り、ひたすら目に見えるサインを収集中。意識的に収集と分析を分けずに、同時進行で進んでいくのが良いのでは、サインの痕跡も面白そう、という意見もありました。

世界の風景(源)

バックパックを背負って、世界を旅するのが大好きな源。トルコを皮切りに、コーカサス三国を周遊した旅の思い出を話してくれました。なかなか馴染みのない国とだけあって、メンバーのみんなも興味津々な様子。やっぱり現地を見てきた人の話は面白いです。次回は、パリ生まれ幼少期を現地で過ごしたりなが、当時の記憶を語ってくれます。

はじめさんタイム 「モールの風景」について

これはショッピングモールから考えた「庭・オアシス・ユートピア」についてのお話。モールの空調によって擬似的に生み出された熱帯、そこへ局所的に水をやることで観葉植物を栽培している様子は、オアシス構造と同じではないのか。ジャカルタにおけるモールの風景を例えに、現代への示唆はとても興味深いものでした。

・・・

さて、次週で春学期も折り返しです。(早い!)