2018年度 秋学期研究会第11回

秋学期第11回の研究会が行われました。

  • 風景は痕跡である

今回の即日課題のテーマは「風景は痕跡である」。今見ている風景は一時的なもので、その前後には、何らかの変化が生じています。私たちが目にしているものの全ては痕跡であるといっても過言ではありません。

また、ツールを介して発見できる痕跡もあります。GPSのログデータをマッピングすることによって、移動の痕跡が可視化される、といったものです。

今回は、「温度」という痕跡を「サーモカメラ」というツールを用いて可視化するワークを行いました。サーモカメラで可視化できる温度の要素としては、相対的な温度差と、加熱された状態から冷えていく際に経過した時間を表しています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、子供、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、夜
  • 大宮LW振り返り

先日15日に大宮でのランドウォークを行いました。大宮駅からソニックシティを経由し、さいたま新都心方面へ進み、けやき広場までのルート。

今回のランドウォークではへた地に注目しました。土地との折り合いをつける際のスタイルや、余った場所の使い方、角の仕上げ方など、へた地を一つとってもそれぞれに特徴があり、分類による発見の可能性を感じました。

  • 合同展示会ミーティング報告

来年2月に行われる合同展示会のミーティング報告がありました。

開催期間中のスケジュール、共用フロアの使い方などの共有があり、その後実際の展示空間の使い方について話し合いました。

それぞれ係の仕事や、卒プロ・修論などここから佳境に入りますが、頑張りましょう!