2018年度 秋学期研究会第9回

秋学期第9回の研究会が行われました。

  • ORF振り返り

先日行われたOpen Research Forum(ORF)の振り返りを行いました。「Gardens For Living」というテーマのもと、展示レイアウトを時間単位で更新していくという試みを行いました。

パネルの移動のタイミングや、説明の難しさなどの壁があった一方で、庭のコンセプトをベースにした説明ができたこと、付き添って説明をしたほうがいいものと、説明なしにとにかく呼んでもらったほうがいいものががあるという気付きがあり、展示会に向けての良い収穫になりました。

  • 藤沢SSTワークショップ報告

街の利便性とコミュニティを生かしたサービスデザインを企画するワークショップの報告がありました。住民のペルソナををベースに、フレームワークを用いて、ワークを行いました。今後、プロトタイピング、ユーザー検証を行っていくようです。

  • 展示会コンセプト

ORFでは「Gardens For Living」というテーマで行い、生きるための庭に共通するものを展示会でもテーマにしたいという話でした。前回のLANDWALK.KITに倣った名前にする、庭ができるまでのプロセスを見せるという意味で道野要素を加える、石川研のインデックスとしての庭を見せる、など様々な案が上がりました。最終的には、前回見せたツール(KIT)を用いて我々が作り上げたものを見せる、という意味合いで「庭仕事」にすることになりました。

  • 即日課題「庭は見立てである」

作庭記で度々記述があった「庭の見立て」に倣って、ドコモハウス付近に落ちているものをなにか別のものに見立てるワークを行いました。