2018年度春学期 研究会第14回

春学期第14回の研究会が行われました。

  • SFCマップ最終発表
    • 源「SFC Sound Map」
      • いつも過ごしている日常における心理を心象風景にして、SFCの音とフィクションストーリーで表しました。起承転結を作るために参考として絵本を読んだようで、制作過程で音に対して敏感になったようです。
    • こりな「22.5cmのせかい」
      • 『はだし』だからこそ見えるSFC、はだしだからこそ感じる『SFC』をテーマに、この本を持ってSFCをはだしで歩けば、こりなが感じてるはだしのSFCが感じられるようなものになっていました。イラストが高評価でした。
  • 展示会について
    • 展示会の位置づけ
      • ゼミ展 = 石川研の頭の中
      • ORF = 社会との関係性
      • 合同展示会 = 卒プロ向き、まとめ
    • ゼミ展
      • 制作のプロセスとしてエスキスやコメントの過程を見せることで、思考や得られたフィードバックが作品にどのようにして反映されているのかを見せようという話になりました。LWやSFCマップ・ガイドなど、石川研のベースとなる課題を対象とします。
    • ORFのテーマ
      • 「次の次の社会」をテーマとして設定されている中で、その社会において有用な石川研が提供できる思考や視点を含むプロジェクトをベースにして考えることにしました。
      • 神山のプロジェクトで考えている「歩行」という行為や、LWや朝日アーカイブで強く意識していた「時間の行き来」などがアイデアとして挙がりました。
  • エキスパート
    • なぎささん
      • 自由が丘、表参道のカフェで働いているなぎささんはコーヒーについてプレゼン。焙煎度×産地銘柄で味が決まるようですが、コーヒーは嗜好品だから飲む人によって評価が変わるとのことでした。
  • 神山ハウスブック報告
    • 大埜地の集合住宅の入居者に配るハウスブックは、現在ラフ作成中とのことでした。