2018年度春学期 研究会第9回

春学期第9回の研究会が行われました。

 

・SFCマップ

-ゆきの

SFCマップに使うわたしいろを作る上で参考になりそうな文献を研究してきました。それらの文献を踏まえ、主観的・心理的・客観的・相対的・物理的な視点で色を見て、それらを織り交ぜた考察を進めていくそうです。

 

・現代版作庭記

今週も各グループが1章ずつを担当し現代版の口語訳を発表しました。それぞれ個性があり、より伝わりやすいような口語訳、意訳をしてくれました。先生からは、原文の伝えたいところを汲み取っていく必要があるので、口語訳を過信せずに原文と向き合う必要がある、などのフィードバックがありました。

 

・卒プロ発表

-あやさん

「大叔母の遺品整理」

大叔母の遺品を整理し、記憶する。生前に何を考えてどう生きてきたかなどを知り、これからの自分の人生の中に再配置するという研究。

世界の宗教は師匠の死を受け入れないことから始まっている。それらを乗り越える過程で神化していくという例も参考になるのではないか、などの意見が上がりました。

 

-薫子さん

「舞台空間におけるランドスケープ思想の実践」

日常における「舞(本当の自分を偽っている瞬間)」に関する研究。最終的なテーマはもっと絞っていくそうです。

自分を偽っている瞬間があるが、その形式によって救われていることもあるという事実も重要、約束事の芸術にも注目した方がいいなどの意見が上がりました。

 

-もえさん

「廃墟性とは」

俗に廃墟と呼ばれる場所が廃墟である所以、廃墟性とは何かを研究。近くにある廃墟へフィールドワークへ行ったり、様々な参考文献による廃墟の定義について調べました。

今参考にしている文献なども、著者による個人的な感想かもしれないので、客観的なマッピングをしながら研究を進めるといいなどのフィードバックがありました。

 

・エキスパート

-まいさん

高校三年生までプロを目指していたジャズについて発表してくれました。今でもジャズバーに行ってセッションなどをしているようです。コード進行について語ってくれた際には、まいさんの歌声も披露してくれました。

 

-じゅんぺいさん

じゅんぺいさんは司令塔のエキスパートだそうです。中学三年生までは野球のキャッチャーとして、高校から大学まではハンドボールの司令塔として広い視野を持ちゲームメイクに貢献していたそうです。最後には実際のボールの回し方を実演してくれました。