2018年度春学期 研究会第6回

春学期第6回目の研究会が行われました。

・SFCマップ進捗

-こりな

こりなは一旦臭いというテーマをやめ、裸足でSFCを歩くというテーマに今週はフォーカスを当てました。「歩くところ」「歩かないところ」「歩きたいところ」「歩きたくないところ」があることを発見し、歩いて得たデータをそれらに分類しました。先生からは、とりあえずもっと歩いて見て得たデータを随時プロットして、分布が見えてきたらそれを地図に乗せられる情報に変換していくといいなどというアドバイスが上がりました。

 

-源

源は前回の「音というものに1から向き合うべき」というフィードバックをもとに、音を再認識し、彼なりの視点で表現する「SFC DJ 源」というテーマを発表しました。SFCにある音だけで新たなストーリーを作り出して、それを実際に歩きながら体験するという新しい形に挑戦するそうです。先生からは、音の説明が単調なのでもっと差をつけてみたり、絵やルートを添えるとさらに面白いなどのフィードバックがありました。

・エキスパート

-電車

→描き鉄(電車を主に正面から描写する)

・電車好きには車両鉄・撮り鉄などいろいろ存在しているそうです。彼もいろいろ手を出していますが、母数の少ない描き鉄というジャンルにも属しているそうです。中学3年生から電車の絵を描き始め、今ではツイッターでリクエストを受けるほど。ついには東急電鉄で配布されたシールにも使用されたそうです。

-彩さん

→バレエ鑑賞

・バレエを見ていると寝てしまう・つまらないと思っている人が多い、と、バレエ鑑賞の面白さについて語っていただきました。バレエというのは「パ」という基本技の組み合わせでできていて、上手な人はどの瞬間を止めて見ても美しいんだそうです。

・作庭記 現代版作り

前回分けたグループごとに割り振られた章の現代版口語訳を作ってきました。それぞれのグループが個性を出しながら口語訳をし、その章の考察も行いました。先生からは、意味は伝わっても今に使われてない言葉は、現代に使われている言葉に置き換えたほうが面白い、読み手が誰なのかのコンセプトを考えてテキストのスタイルを考えるといい、などのフィードバックがありました。

・即日課題「手書きパースの描き方」

生き物の絵を描く上で、骨格を覚えてからそれに肉付けをすると描きやすい、という先生からのアドバイスをもとに、研究会メンバーみんなで「動いている犬」をテーマに絵を描きました。それらを並べて置いた時、「ほとんどの犬が左を向いている」などの特徴が見えてきました。