2018年度春学期 研究会第5回

春学期第5回目の研究会が行われました。

  •  SFCマップ進捗報告

    ◦ゆきの

    ▪ゆきのはSFCの「色」を主題に決めました。この日は、色の名付けはあくまで絶対的なものではなく、相対的なものではないかということを、和名辞典に載る江戸紫や古代紫、瓶水色などを例にとって説明してくれました。江戸紫は江戸時代に流行したやや青みがかった紫のことですが、この色の誕生によりそれ以前に主流だった紫は古代紫と呼ばれるようになりました。また瓶水色は、水瓶に空が写った時の色とされていますが、現代ではそのような体験をすることもありません。このことからゆきのは、自分の言葉でSFCの「色」を表現し、名付けることはできないだろうかと思い、色見本帳で測色をするなどリサーチを重ねています。先生からは、色を読み解く側が、発信する側である塗装会社などの規格に沿って測色しているところがジレンマであるなどのアドバイスが上がりました。どんどん面白くなりそうです。

  • 現代版 『作庭記』(グループ分け)

    ◦『作庭記』とは平安時代に記された日本最古の庭園書です。大阪市立大学中谷ゼミがこの『作庭記』の口語訳を公開しているものを参照に、現代版の『作庭記』を作ってみようというグループ課題が開始されました。第1章を除いた残り36章を6グループ6週にかけて現代版に変えて発表します。「クライアント」や「コンセプト」などに馴染みのカタカナ語が混じると一気に親しみやすくなり研究室でも笑いが生まれていました。この日はグループ分けです。来週から発表が始まります!

  • エキスパート

    ◦竹田

    ▪竹田は「ペン回し」のエキスパートでした。 中高時代に授業に集中せずにペン回しに明け暮れた経験から、「ペン回し」の凄技の数々を自身の動画で紹介、それから実際に披露してくれました。ペンの回し方のそれぞれに名前があり、個々の技と、それらの組み合わせの美しさなどを競う競技があることも驚きでしたが、より回しやすいペンを!と探し求め、改造ペンを作り出す人も多いことなどを教えてくれました。改造ペンにも定番のものからオリジナルの改造など様々あり、この日は竹田も自作の改造ペンを持参してくれました。研究会一同大ウケです!

     

    ◦ゆいこさん

    ▪ゆいこさんは「競泳」のエキスパートでした。3歳から16歳まで競泳を続け、関東大会で優勝経験があるほどのアスリートだったことを紹介してくれました!当時のスーパーハードな練習スケジュールや大会の様子などを、実際のスケジュール表やビデオなどを見せながら紹介してくれました。この経験からゆいこさんはたいていの辛いことならなんともないと思えるメンタルの強さを持ったそうです!

 

  • 港北LW事前学習

今月20日に港北ニュータウンのLWに行くため、港北ニュータウンについての事前学習をしました。

・ディスカッション「役に立たない機械」

◦この日はSA晴子の持ち込み企画で、「役に立たない機械」について皆でディスカッションをしました。早稲田大学建築学科の設計演習Aの中の「役に立たない機械」を作るという課題があります。この課題の中で中谷礼仁教授が参照しているイマヌエル・カントの「美とは、目的なき合目的性である。」という言葉を取り上げながら、行動の理由と目的や意味などについてディスカッションをしました。

私たちはしばしば、自分たちの行動に意味をもたせて安心しようとしたりさせようとしたりしていて、本当は理由のない行動に相手を納得させる為に一時的に理由をつけてしまうことも多い。自分のしていることがどのステージのものなのか考えてみるといいということなどがまとめに上がりました。

次回の研究会活動は、20日のランドウォークです!