2017年度春学期 研究会第14回

第14回の研究会が行われました。

 

まずはSFCガイドの最終発表。

 

はるきの園芸リサイクルからです。

壁面を利用したイチゴの収穫や、カスケードを利用した水田など。

SFCの構造物を利用して、園芸できないかという試みです。

リサイクルの先まで、話を進めるとより話にリアリティが出て良さそうです。

 

続いては小夏の水たまり観察ガイド。

水たまりを鑑賞する対象として再発見したこのガイド。

標本数も増えて、ガイドとしての強度が上がりました。

溢れる愛の溢れ先がガイドのどこかに現れると良いかもしれません。

 

三人目は電車の穴ガイド。

アナリストによる穴リスト、穴をアナライズしたこのガイド。

電車にとって良い穴とは何かが、明確化されてきました。

他のSFCガイドと違い、個別的事例ではなく一般的なカテゴリを評論しているだけに、その中でのバリエーションが欲しいところです。

悪い穴をこき下ろす文章がこれ以上なく面白いだけに、そこに注力してもいいかもしれません。

 

最後は薫子のSFC模様ガイド。

薫子がSFCの中で発見した、模様を紹介した。

タイトルや説明に薫子らしさが現れていて、他人を置いてきぼりにしているのが良いです。

ネタで押していると思われないためにも、写真の質を上げる必要がありそうです。

 

休憩を挟んで、春学期で卒業するニコラスの卒プロ発表がありました。

人形町の路地で採集できる路上園芸に、人形町ガーデンと名付けて路地の魅力を語った卒プロです。

中でも興味深いのは、路上園芸は外部に「魅せるガーデン」と、植物自体への愛着が表出した「飼うガーデン」に二分できるということ。

さらに数字などでより客観的分析に進めると、研究として質の高いものになっていくかもしれません。

 

最後は、石川研、今年の夏休みの課題。

今年は、毎日絵日記をかきます。

毎日絵日記をかかなければならないという面倒な作業が日常に無理矢理入り込んでくる時に生まれるであろう、楽しようとするチューニングの過程を楽しむという趣旨です。

みんなサボらずにかきましょう。

 

研究会終わりには、打ち上げ兼ニコラス追い出しパーティが行われました。

流しうどんをしたり、等身大ニコラスパネルで遊んだりしていました。

今期も充実していました。夏も、来期も、気を抜かずに頑張りましょう。

(じゃんぼ)