2017年度春学期 研究会第11回

第11回の研究会が行われました。

まずはSFCガイドの発表から。

バンブーは人の動きから見る現象ガイド。

SFCのキャンパス内で定点観測を行い、新しい発見を行いたかったが、うまくいかず。

対象を人間だけに狭めてしまうことで、本来求められている新しい発見ができないというアドバイスを受けました。

 

はるこさんは、SFCの近道ガイド。

これまでの近道を集めて、アウトプットの提案を行いました。

探検ガイドよりもむしろ、近道のプロフェッショナルが近道を紹介するという方針になりました。

 

かとりなさんは生えているものガイド。

オメガが生えていることよりも、生えているというカテゴリで括ることに面白さが。

カテゴリを分けて、鑑賞方法を追記することに。

植物ごとに記述する魅力を詳細に記載するとよいというアドバイスがあがりました。

つづいてセヴェラルネスの発表。

先週の発表を踏まえ、かおるこさんがパターンランゲージについての発表を行いました。

第6章の内容の中で登場するパターンランゲージについて焦点を絞り、その意味と位置付けについて考えました。

次に、6/17に行ったこどもの国のランドウォークの振り返りを行いました。

今回は歴史、基盤、街並み、植栽の4つのグループに分かれて、振り返りを行いました。

歴史班は、開発と開発のあいだが感じられる景観についての考察を行いました。こどもの国周辺は、歩いているとどんどん開発年代が変わっていくのが特徴的です。

基盤班は、恩田地域の土地利用の変遷や、旧道と今の道の比較、徹底された歩車分離についての考察を行いました。

街並み班は、こどもの国の「その町らしさ」の要因について、断面図を用いながら、数カ所の事例を考察しました。

植栽班は、植物の維持管理の度合いによって、その土地がどのように利用されているのかを考えました。植物名、設計、管理の状態などの観点から分析しました。

最後に抜き打ちテストを行い、これまで研究会で学んだことの確認を行いました。