2019年度 春学期研究会第3回

 

「ごきげんよう。これが平成最後の研究会だ。」
という初さんの掛け声で始まった、研究会第3回。


今年度スケジュールの見通し

 先週のプロジェクト紹介に引き続き、今回はそれらのプロジェクトのスケジュール確認から始まりました。主に「神山PJ(プロジェクト)」、「ベルナティオ/越後水沢PJ」、「イースト21PJ」、「慶應幼稚舎PJ」、「調布PJ」、「大宮PJ」について、今年度のスケジュールの見通しを立てました。

 初さんの説明のもと、今年から本格的に始まる慶應幼稚舎プロジェクトの現地を視察してきたお話、「神山プロジェクトがどのようにして始まったのか」や、「FAB-G」のお話、東京大学の岡部研究会と共にやっているアルゼンチンのインフォーマルコミュニティについての詳しいお話などがありました。

アルゼンチンのお話をする初さん

<ORF係、展示会係を決めました>
毎年11月に行われるORFの出展準備をする係と、研究会の展示会の準備をする係も同時に決めました。どちらも乞うご期待です。


SFCマップのブラッシュアップ

続いて新規生課題「SFCマップ」のブラッシュアップが行われました。春学期は研究会中に、自らの課題の進捗報告が行われます。今回は前回の「各自テーマ発表」に続くかたちで、一週間の進捗報告と今後の方針を話しました。以下がその報告内容です。

よう「自分勝手図法」
・ベースマップに自分が感じたキャンパスへの印象を書き込んでいく方針だそう。・行動や習慣もマップに反映されるそうです。

真「カロリー」
・先週に続き、筋トレとエクササイズの違いを発表してくれました。今後は筋トレ後の摂取カロリーに注目するそう。

啓悟「影」
・いろんな影を写真をとり、影について考えてきたそう。昼と夜の影の違いや、天気と影、影の色は地面の色によって変化する点、重なっている影などいろんな影を紹介してくれました。

ひかる「通過する、停まる、交差する」
・一週間、移動のログを手書きでかいてきた。この一週間は「通過する」に着目してきたが、来週以降は停まるの解像度をあげていくそう。

孔大「毎日地図」
・みんなに続くのか心配されている、100日間連続SFC地図描き。場所と記録をリンクした地図を書き続けてきた。今年のGWは9連休。さて今後どうなるか?

ゆり「キャンパスの場所と服装」
・地図作成に向けて、地図そのものに理解を深めている最中だそう。今回はいろんな切り口でデータ収集方法を発表してくれました。全てのデータを記録することは難しい内容であるがゆえにどうなるのか。今後に注目です。

先輩方のフィードバックをもとに、どんどんとブラッシュアップされていきます。次回は、今回しなかった新規生メンバーの半分が発表します。


はじめさんタイム

最後は「はじめさんタイム」。今回は他大学でのマッピングの作品例の共有と、ロゴマークの観察力をテーマにした軽いワークショップでした。

記憶を辿り、即席で描いたロゴを囲む

普段目にするセブンイレブンやウォルマート、スターバックスのロゴ。過去に街中でそれらのロゴをどれだけ記憶し、再現できるかについての実験を行った企業があるそう。私たちも慶應義塾のロゴと、PCで馴染み深いインテルのロゴを白紙に描き、即席の実験を行いました。

身の回りの風景に対し、私たちはよく観察しているようでしていないということに改めて気づかされた瞬間でした。

今日を機に各プロジェクトも本格始動。次の研究会は令和時代だ。

2019年度 春学期研究会第2回

2019年度春学期第2回の研究会が行われました。

まずは石川研で行われているプロジェクトの紹介と進捗報告がありました。

 

・ベルナティオ/越後水沢プロジェクト

新潟・十日町のリゾート施設のランドスケープコンサルティングや越後水沢駅の修景をするプロジェクト。

 

・千年村プロジェクト

千年以上続いている集落を「千年村」と呼び、それらの持続可能性について探っていきます。

 

・ジャカルタプロジェクト

例年ジャカルタ・チキニにて東京大学・インドネシア大学と合同で行われるワークショップ。昨年度はTactical Urban Weddingというテーマで、祝祭空間のデザイン・住環境の改善に取り組んできました。

 

・神山プロジェクト

徳島・神山町の集落で、風景のリサーチを行いながら、その集落の持続力を探るプロジェクト。

 

・貝取プロジェクト

多摩ニュータウンにあるマンション「グリーンヒル貝取」の庭を扱うプロジェクト。マンション内の緑地管理や庭と人との関係について考えていきます。

 

・大宮プロジェクト

埼玉県さいたま市大宮に多く見られる「ヘタ地(新旧の道が重なってできた不整形な土地)」の活用や、生活景についてのリサーチを行なっていきます。

 

・調布景観プロジェクト

調布の景観について市民と一緒に考えるプロジェクト。昨年は市民検討会にも参加し、小学校でのワークショップなども行いました。

 

・イースト21プロジェクト

東京都江東区にあるホテルのランドスケープデザインを行うプロジェクト。

 


続いて、新規生への課題「SFC MAP」のテーマ構想発表が行われました。

発表したテーマは以下の通りです。

 

けいご【影】

きぶし【木と建物を反転】

なの【自然の色】

ひかる【通過する、停まる、交差する。】

こうだい【毎日地図】

ゆり【キャンパスの場所と服装】

りな【色】

プペルくん【建物の色】

しん【カロリー】

ひかり【(迷い中)】

 

皆まだ発展の余地はありますが、今年も面白い作品がたくさん生まれそうで楽しみです。


 

2019年度 春学期研究会第1回

今学期も第1回の研究会が行われました。

 

まずは今期から新しく加わったメンバーの自己紹介と質問から。

「もし今までの人生の伝記を書いたならどんな表紙とタイトルか」という最初の課題の説明も行い、それぞれの色や面白みが垣間見える時間でした。

なんと今期の新規生は過去最多の10人!

研究室メンバーの半分が入れ替わりました。

 


続いて、春休みに行われた神山プロジェクトとアルゼンチンワークショップの活動報告が行われました。

神山プロジェクトのメンバーは3月の20日から23日にかけて現地で報告会を行ない、「道の神山図鑑」「歩く神山地図」を配布したそうです。

 

アルゼンチンのワークショップでは、傾斜地に位置する小さな村の地形を把握し、排水溝の計画を行いました。現地の住民の建設業に対するリテラシーに驚かされたそうです。

 


最後に春休み課題「対比の写真集」の発表会が行われました。

対比によって構成、または発見された風景を研究室メンバーなりに切り取り、写真集という形で作品にするというものです。

 

 

その後、新入生歓迎のピザパーティーを行いました。

 

2019年度春学期、石川初研究会スタートです!