展示会を振り返る

記:石川初

2月8日から12日まで、5日間にわたる展示会が無事に終了しました。受付の学生たちのカウントによれば、のべ1,000名近くの皆様にお越し頂きました。お運び下さったみなさま本当にありがとうございました。

会場で直接頂いた感想はもちろん、書き置いて頂いたアンケートのコメントもSNSに投稿された感想や評価も皆様の好意に満ちていて、学生メンバーともども、とても励みになっています。思いもしなかった深い洞察をもった指摘をして下さる方もおられ、嬉しくも驚いています。とても示唆的なご提案もあります。これらも含めて謙虚に真摯に読み込んで、今後の研究室の活動に活かす所存です。

 

会場では、なるべく学生が自分たちで説明できるように準備したのですが、みなさん、時に拙い学生メンバーの説明に親切に耳を傾けてくださいました。ありがとうございました。多くの学生が、会場での説明時のやりとりから様々なことを学んだようです。日を追って学生たちが鍛えられてゆくのを見るのは喜びでした。多くの人にご覧頂けるような場所で活動の報告を展示することの大切さを強く感じました。試行錯誤の3年間、ともに歩いてくれている学生のみんなにも感謝です。ありがとう。

 

今回のメインコンテンツを担った4年生たちが卒業していくのは寂しいけれども、石川研で得たLANDWALKキットがこれからの彼らの道行きで役に立ちますように。

  

 

 

展示会(第5日)

展示会も最終日となりました。

会場は大盛況となり、最終日だけで400人以上の方がいらっしゃいました。

最後まで沢山の方にご覧いただき、メンバー一同声を枯らして説明に立ちました。
私たちの試みていることが、少しでも皆さまに伝わって、世界の見かたを豊かにしてくれることを願っています。
私たち自身にとっても、この展示会は大変貴重な、良い経験になりました。
ありがとうございました。

展示会(第4日)

日曜日で三連休の中日。
展示会も後半戦です。

昨日と同じくらいの数の皆さまに見て頂けました。これまで、延べ500名近く。

メンバーの家族や友人、昨年度の研究室の卒業生も多く見に来てくれました。
明日は最終日です。

展示会(第3日)

土曜日です。
ある程度予想はしていましたが、2日目は初日の2倍、そして3日目は2日目の2倍のお客様が来て下さいました。
多くの皆さまに見て頂けるのは本当に嬉しいです。

しかし、立ちっぱなしでしゃべりっぱなし、体力を消耗します。

神山の展示は相変わらず農家ぶりを発揮しています。

皆さんから頂戴したお土産や差し入れは、頑張りの元になりました。
これは、研究会メンバーの萌菜美がお母さまと一緒に作ってくれたキャラお寿司。

明日は日曜日。原宿の日曜日!頑張ってお迎えしましょう。

展示会(第2日)

金曜日。
すでに午前中だけで、昨日の人数を上回るお客様がいらっしゃいました。

とても多くの方々に「面白い」という感想を頂き、メンバー一同励みになりました。
まだ前半戦です。明日も頑張ろう。

展示会(第1日)

展示会が始まりました。

平日ということもあってか、お客様の数としては初日は落ち着いた出足でした。私たちも落ち着いて、じっくりと説明できました。

説明を繰り返すうちに、少しずつ慣れてきました。
あらためて自分たちの作品や研究を外部の方に言葉で説明することの大切さを実感する初日でした。
週末にかけて、お客様の数が増えることが予想されます。体力を温存しておきましょう。

展示会、会場搬入・設営

いよいよ展示会前日。
展示会場の裏参道ガーデンに展示物を搬入、設営を行いました。

案内図に訂正が!シールを貼っています。

プロジェクトごとに設置です。

神山プロジェクトの展示は、調査した農家の軒先の雰囲気を再現しつつ、発見したものを展示しています。

準備に時間をかけたおかげで、大きな手戻りもなく設営できました。

あとは、本番で大学の外の皆さまにうまく説明できるかです。頑張りましょう。

みなさまのお越しをお待ちしています。

展示会準備大詰め

2月に入りました。
石川研の展示会、「LANDWALK.KIT」まであと1週間を切りました。
準備作業も大詰めです。

受付のシミュレーション(?)

展示の配置を実際に並べて最後の検討をしています。

4年生がこんなに研究室に集まって作業するのはもう最後でしょうか。

開催まであと少しです。